2010 年 3 月 30 日 のアーカイブ

五島のはなし(91)

91回目です。
ここまで五島の良さを書いても
まだ行ってみようと思えませんか?

僕は根が控え目です。
だから僕が「五島はいいよ」と書いたら
それは「五島はすばらしい」ということであり、
「五島の食べ物がおいしい」と書いたら
それは「五島の食べ物は信じられないくらいうまい」
ということなのですよ。
客観的にはそうなのですよ。

さらに僕の文章力のなさも勘定に入れると、
この五島のはなしで書かれている「五島の良さ」は
2倍くらいに見積もって読んでいただいた方が良いかと思います。

ただし、五島が「行きにくい場所」であることは否めません。
でもねでもね。
飛行機ならあっという間です。

たとえば東京からなら2時間半(乗り継ぎがスムーズなら)。
通勤圏、といえる近さ。

ちなみに福岡空港から島へ向かう飛行機の名は、
ボーイング737・スーパードルフィン。(←数字のとこはうろ覚え)
「すごいイルカ」に乗って、島へ飛ぶのです。
素敵でしょ?つまり、すんごい素敵でしょ?

スーパードルフィン

スーパードルフィン



五島福江空港

五島福江空港

topへ

五島のはなし(90)

ひとつ前の話で
三國さんが書いてくれた、五島うどんの「ふしめん」。

写真を見ると麺が曲がっててちょっと不思議。
五島うどんって曲がってるの?
と思った人へ、補足説明です。

※ちなみに五島うどんは「日本3大うどんの一つ」と
 言われたり、「幻のうどん」と言われたり、
 「あのミシュランさえも認めた美味」と言われなかったり、
 の「知る人ぞ知るナイスなうどん」です。

世の中で五島うどんとして売られているものは
まっすぐの麺です。
が近ごろ麺の製造過程でカットした端っこの部分を
お味噌汁やサラダの具にどーぞ、ということで売り出した。

もともと歯ごたえが良く、伸びにくい麺だったこともあり、
この端っこ部分が意外にも重宝され、いま人気となっています。
それがこの「ふしめん」(・・・のはず)。
ちなみに「ふしめん」は商品名であって、一般名ではない(・・・はず)。
だから他の製麺所からは別の名前で売り出されている(はず)です。

「はず」がやたらと多い文になってしまった。
なにはともあれ、このふしめんが美味しいのは
そもそも五島うどんがおいしいから、なのです。
インターネットでも手に入りますよ。
詳しくは「五島うどん」で検索を。

ふしめん

topへ


login