三國菜恵 12年6月24日放送


美空ひばりと舞台衣装

昭和21年9月。
横浜にある「アテネ劇場」というちいさな舞台に
美空ひばりは立った。

そこでの公演は、ある意味で歴史的な舞台だったという。

ステージの1曲目 『旅姿三人男』という曲で
ひばりは三度笠をかぶって登場。
そして、パッ!と笠を取ると同時に、
パッ!とスポットライトが彼女を照らしだした。

この演出を考えたのは、ひばりの母、加藤喜美枝。

実は、当時
「歌手が扮装して歌をうたう」ということは前例がなかった。

親子二人三脚で「お客さんをたのしませよう」とした気持ちが
結果として、戦後の日本ではじめての試みを生んだのだった。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login