三島邦彦 12年6月24日放送


美空ひばりの歌

自分の歌を歌いたい。
幼い日の美空ひばりはずっとそう思っていた。

大人顔負けの歌声を珍しがられて、
ずっと意味もわからない大人の歌を歌わされてきたひばり。

人のまねではなく、自分の歌を歌わなければ、
大人たちが本当には認めてくれないということが、わかってきた。

そんな中、子役として出演した映画の中で、
ひばりのために歌が作られることになった。

もう、ものまねではない、だれにも気がねする必要はないんだ。

美空ひばりは、その名前のように、
とても晴れやかな心もちになったという。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login