中村直史 13年9月8日放送


変えようとする人たち 山口絵里子

「社会起業家」という言葉がある。
社会が抱える問題を、事業を通じて解決していく人。
そういう意味だ。

日本人の社会起業家として、よく取り上げられている人物に
「マザーハウス」代表の山口絵里子さんがいる。

アジアの中で最も貧しいとされるバングラデシュの
貧困問題をなんとかしたいと、現地にバッグのブランドを立ち上げた。

バングラデシュの人々が、バングラデシュの生地でつくりあげ、
世界中に販売し、外貨を得る。
社会を良くすることと、ファッションのもつ「かわいい」という
気持ちを両立することを目指す。

そんな山口さんは、自分が「社会起業家」と呼ばれることに
大きな違和感を感じている。

 なぜ「社会」と付けなければならないのかが、分からないんです。
企業は社会のためにあるべきだし、そうじゃない企業はマーケットの中で、
生き残るのが難しくなっていくと思います。

どんな会社だって、社会に役立つためにある。
そう考えると、だれもが社会起業家なのですね。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login