2013 年 12 月 7 日 のアーカイブ

佐藤延夫 13年12月7日放送


さようなら 橋本武

伝説の国語教師と言われた橋本武さんが、
今年の9月に亡くなった。

中勘助の小説「銀の匙」。
中学3年間でこの1冊だけを読み上げるという
奇抜な授業は、世の教育者を驚かせた。
単語ひとつひとつにヒントがあるから、
どんどん横道に逸れて結構。
子供たちに、自ら掘り下げて学ぶことの大切さを教えた。

そんな彼の言葉。
「すぐ役に立つことは、すぐに役立たなくなります。」

大人なると、よくわかる。
すぐに役立たなくなるものが、あまりにも多いことに。





topへ

佐藤延夫 13年12月7日放送

julajp
さようなら なだいなだ

作家で精神科医の なだいなださんが、
今年の6月に亡くなった。
ユーモアと反骨精神を愛した人で、
晩年には、老人党というインターネット上の
ヴァーチャル政党まで作っていた。

そんな彼の言葉。
「なまけものは哲学を持っているが、
 働いてばかりいる人間には、哲学がない」

もちろん「なだいなだ」はペンネーム。
スペイン語の“nada y nada”
それは、「なにもなくて、なにもない」という意味。

なださんは最後まで、なまけものの哲学を大切にしていた。


topへ

佐藤延夫 13年12月7日放送

Cross Duck
さようなら 山崎豊子

私の作品は、取材が命。
そう語ったのは、今年の9月に亡くなった、
小説家の山崎豊子さんだ。

取材中、相手の話に引き込まれて一緒に涙を流す。
反対に、失礼な態度をとられたときには、
捨て台詞を吐いて席を立ったそうだ。

「万年筆の先から血が滴る思いで書いている」

作者の魂が込められた人間ドラマは、
何年経っても色あせることなく、
読む人を山崎ワールドへ引きずり込んでいく。


topへ

佐藤延夫 13年12月7日放送

nicolasnova
さようなら 山内溥

任天堂の元社長、山内溥(やまうちひろし)さんが亡くなったのは、
今年の9月のことだ。
花札やトランプを作っていた小さな会社は、
ファミリーコンピュータという空前の大ヒットで、
一躍、世界の一流企業にのし上がった。

しかし、その前に紆余曲折があったことはあまり知られていない。
タクシー会社、食品会社、事務機器、
育児関連用具、ラブホテルの経営まで手を出したが、
ことごとく失敗している。

「世間はよく成功者を手放しで尊敬してしまうが、
 成功者の言葉ならなんでもかんでも金科玉条のように
 あがめるのはおかしい」

成功と失敗。両方を知る男の言葉は、やけに説得力がある。


topへ