三島邦彦 14年6月22日放送

140622-03
雨の季節に 黒澤明

雨が印象的な映画は多いけれど、
黒澤明監督の映画には、
ひときわ印象的な雨が降る。

『羅生門』での黒澤は、
どしゃぶりの雨の勢いを表現するため、
水に墨汁をまぜた。

羅生門の雨

この言葉はすぐに、
世界の映画人の
共通言語になった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login