大友美有紀 15年9月6日放送

150906-05 GlevumSunday
「小鳥のような声」ナラ・レオン

1959年、秋、海軍兵学校で開かれたコンサートで、
ナラ・レオンは、始めて舞台に立つ。

 みなさん、ボサノヴァの一番若いメンバーを紹介します。
 今日、始めて人前で歌います。ナラ!


そう紹介されるとナラは、パニックになった。
お客さんに背を向けて、半泣きで歌った。
けれどもその歌は大喝采を受けた。

かわいらしいヒザと前髪、
小鳥のような歌い方、ギターの腕前のよさ。
コパカバーナの少女、ナラ・レオンは、
徐々に人気を獲得していく。
各地でライブに呼ばれ、レコーディングに参加する。
1963年、プロとしての初仕事となる演劇作品
「哀れな金持ちの娘」に出演する。
マスコミもナラを賞賛した。

 ナラ・レオンは、将来もっと上手になるだろうと
 思わせるギターを弾き、とても音感がよく、
 素晴らしい声を持っている女の子だ。

 
こうして、ボサノヴァのミューズへの第一歩を踏み出した。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login