大友美有紀 15年9月6日放送

150906-07
「パリへ」 ナラ・レオン

ブラジルの軍事政権は検閲という圧力で、
アーティストたちの表現の自由を奪っていった。
軍警察はナラ・レオンを逮捕したがっているという情報がはいる。
ナラと夫の映画監督カカー・ヂエゲスは、
ブラジルから出国し、パリに移り住んだ。
ナラは、パリでとても幸せだった。

  誰も私のことを知らなかったし、
  普通の生活ができたの。


ナラは、ボサノヴァのミューズであることからも解放された。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login