佐藤理人 15年9月12日放送

150912-02 saracino
脳にまつわる素朴なギモン 「恋」

 人はなぜ恋に落ちるの?

進化心理学者のロビン・ダンバーによれば、
恋をすると脳には二つの化学物質が生まれるそうだ。

ワクワクの素となるドーパミンと、
トキメキの素となるオキシトシン。

脳の動きを見るとこれらの物質が、
感情を司る右脳を活発に輝かせることがわかる。

一方、理性や言語を司る左脳の動きは大きく鈍る。
恋をすると気持ちをうまく伝えられずもどかしい思いをしたり、
バカげたことをしてしまうのはそのせいだ。

しかし、恋の素となる化学物質はまだ見つかっていない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login