2016 年 1 月 9 日 のアーカイブ

佐藤理人 16年1月9日放送

160109-01
宗兄弟 「誕生」

63年前の今日、世界一有名な
双子のマラソンランナーが生まれた。

宗茂・猛の「宗兄弟」。

1980年代、瀬古利彦とともに
日本長距離界をリードした彼らは、
見た目はそっくりなのに中身は正反対だった。

兄の茂は大雑把で天才肌。

 練習より調整

と感性のまま走った。
一方、几帳面で努力家な弟の猛は

 練習あるのみ

とひたすらトレーニングに励んだ。

兄弟で出場したマラソン大会は22回。
勝ち星は茂が12回、猛が10回とほぼ同数。

ちなみに茂は左利き、猛は右利きと、
利き手も正反対だそうだ。


topへ

佐藤理人 16年1月9日放送

160109-02 Real Cowboys Drive Cadillacs
宗兄弟 「茂」

世界一有名な双子のマラソンランナー
「宗兄弟」の兄、宗茂。

現役引退後、監督に就任した彼の元に、
一人の気功師から手紙が届いた。

正直興味はなかったが、
選手たちのケガや故障の助けになればと、
茂はすがる思いでその気功師を訪ねた。

しかし彼はそこで
自分の気功の才能に目覚めてしまう。

監督の職を弟の猛に譲った後、
大学で東洋医学を学び、地元宮崎に
気功の診療所を開いたのは8年前のこと。

 心や体の弱った人を助けてあげたい

そう言う彼の診療所には
全国から大勢の患者が訪れるという。


topへ

佐藤理人 16年1月9日放送

160109-04
宗兄弟 「猛」

世界一有名な双子のマラソンランナー
「宗兄弟」の弟、宗猛。

タッチの差でこの世に生まれた性なのか、
猛はレースではいつも兄・茂の背中を追い続けた。

しかし1983年の東京国際マラソンで
茂の自己最高記録を抜くと、1984年のロス五輪では
日本のトップ瀬古利彦を降し4位入賞を果たす。

さらに茂の引退後も現役を続行。
兄より9年も長く走り続けた。

天才肌の兄と努力家の弟。
どちらが優れた選手かはわからない。

ただ、ひたすら走り続けるその後ろ姿は、
努力は決してムダではないことを
私たちに教えてくれる。


topへ

佐藤理人 16年1月9日放送

160109-03 spcbrass
宗兄弟 「モスクワ」

1979年福岡国際マラソン。
モスクワ五輪代表の座をつかむのは
瀬古利彦か、宗茂・猛の「宗兄弟」か。

レースは三つ巴のデッドヒートに突入。
先頭から猛、茂、そして背後から迫る瀬古。

運命の40km地点。宗兄弟は思わず後ろを振り返った。
今だ。瀬古はこの瞬間を4年間待っていた。
振り向くのは苦しい証拠。ラストスパートをかけ、
二位の茂よりわずか2秒差でゴールテープを切った。

 宗兄弟と喋っちゃいけない
 友達になっちゃいけない
 なめられちゃいけない
 あいつは違うと思わせないといけない


監督にそう言われ続けた瀬古の執念勝ちであった。

だが半年後、日本はモスクワ五輪をボイコット。
3人の金メダル争いは幻と消えた。


topへ

佐藤理人 16年1月9日放送

160109-05 drp
宗兄弟 「瀬古」

1980年代、日本マラソン界をリードしたビッグ3、
瀬古利彦と宗茂・猛の「宗兄弟」。

地元宮崎が雨の日、兄の茂は弟の猛に言った。

 こっちが雨でも東京は晴れている
 瀬古は今頃走っているに違いない


東京が雨の日、瀬古のコーチも同じことを言った。

 東京は雨でも宮崎は晴れている
 宗兄弟は40kmも50kmも走っているぞ


相手が自分より練習していたらどうしよう。
その恐怖に打ち勝つため、
3人は雨の日も風の日も走り続けた。

ライバルは敵じゃない。
自分を成長させてくれるいちばんの味方だ。


topへ


login