2016 年 5 月 14 日 のアーカイブ

伊藤健一郎 16年5月14日放送

160514-01 masa7
青春をかく人 あだち充

 何かを手に入れるためには
 何かを手離さなければならない。


青春漫画『タッチ』の生みの親、あだち充は言う。

 指先ひとつで飛び交う情報、省かれた手間、ヒマ。

 便利さはあっという間にただの日常となって、
 手離したモノを思い出すのはずっと後になってから…


あだち作品の主人公は、概して多くを語らない。
どちらかといえば、不器用に、ぶっきらぼうに想いを口にする。

でもなぜか、そのわずかな言葉を、
言葉にならない言葉たちを、読者は時間をかけて読むことになる。
子どもと大人のはざまで揺れていた、あの頃の自分を重ねながら。

あだち充は言う。

 手間、ヒマ、時間をかけることはムダなことですか?


topへ

伊藤健一郎 16年5月14日放送

160514-02 frwl
青春をかく人 あだち充

 放課後は、麻雀やって、漫画描いて、ラジオの深夜放送を聞く。
 明け方まで聞くから、毎日遅刻。出席日数もギリギリだった。


あだち充の高校生活は、彼の漫画に出てくる
部活や恋愛とは無縁のものだったという。

 高校時代にやりたかったこと、
 こうすればよかったなってことが
 自分の中に溜まっていて、
 それを漫画に描けばいいから助かってますよ。


あだち充の原動力は、かつての自分に対する反省。
あだちは言う。

 私生活が楽しかった時代は、ロクな作品を残してない(笑)


topへ

伊藤健一郎 16年5月14日放送

160514-03 aes256
青春をかく人 今日マチ子

 机の前に座っているよりも、
 むしろ日常生活の中で、ずっとストーリーを考えている。

漫画家、今日マチ子。
彼女は、連載を始めるとき、物語にルールを定める。

たとえば、青春群像劇『みかこさん』のルール。
それは、毎回、物語のモチーフとなるアイテムを使うこと。

髪の毛で隠したピアス。ローファーに入り込んだ砂利。
こんがらがったイヤホン。削れ過ぎてしまう鉛筆削り。

言葉よりも雄弁に語るいくつものアイテムは、
人を、暮らしを見つめる中で、必死に探し出した。

ルールは絶対。今日マチ子は言う。

 やめてしまうということは、その人には向いていなかったか、
 向いていないと言わないまでも、まだその時期ではなかっただけ。
 別に、続けられなかったことを悔やむ必要はないけど、
 一度続けられたことは大事にした方が良い。




topへ

伊藤健一郎 16年5月14日放送

160514-04 さとっち
青春をかく人 伊坂幸太郎

 学生時代を思い出して懐かしがるのは構わないが、
 あの時はよかったな、オアシスだったなと
 逃げるようなことは考えるな。そういう人生を送るなよ。


作家、伊坂幸太郎。
彼の小説『砂漠』は、大学での4年間が舞台だ。
物語の主要人物、偏屈な学生、西島は言う。

 目の前の人間を救えない人が、
 もっとでかいことで助けられるわけないじゃないですか。
 歴史なんて糞食らえですよ。目の前の危機を救えばいいじゃないですか。


生きていれば、不条理なことなんて山ほどある。
そのひとつひとつに真剣に向き合うことなどできない。

でも、西島が言う通り、確かなことがある。

 今、目の前で泣いている人を救えない人間がね、
 明日、世界を救えるわけがないんですよ。



topへ

伊藤健一郎 16年5月14日放送

160514-05 #Pomegranate
青春をかく人 井上雄彦

 天才ですからね。

漫画家、井上雄彦。
代表作『スラムダンク』は、
バスケットボールに青春を燃やす高校生の物語だ。

その名試合、山王戦。
主人公、花道は、ルーズボールに突っ込み背中を負傷する。

「選手生命に関わるかもしれない」
顧問の安西先生は、ベンチに下げようと本気で説得する。

でも花道を止められなかった。たった一言のせいで。

 オヤジの栄光時代はいつだよ…
全日本の時か?
 俺は…俺は今なんだよ!


ところで、あなたの栄光時代はいつですか?


topへ


login