2016 年 5 月 28 日 のアーカイブ

名雪祐平 16年5月28日放送

160528-011
賞を蹴る 山本周五郎

1943年、直木賞は
受賞辞退された。

辞退したのは、
山本周五郎。

直木賞を主催する
文芸春秋社の菊池寛との
不仲説などもあった。

が、権威を嫌った周五郎は、
その後もすべての文学賞の受賞を
辞退。

読者や編集者からの高い評価こそ、
この上ない「賞」。
そんな信念からだった。

賞を蹴りつづけた作家の名前を冠した
「山本周五郎賞」が創設されたのは、
周五郎の死から21年後、
1988年のことである。

死んでからでは、
名前を使われることも辞退できなかった。


topへ

名雪祐平 16年5月28日放送

160528-04
賞を蹴る マーロン・ブランド

1973年、アカデミー主演男優賞は
受賞拒否された。

拒否したのは、
ゴッドファーザーの主演、
マーロン・ブランド。

授賞式にブランド本人は現れず。
代わりに壇上には、
アメリカ先住民の女性が立ち、
ブランドからのメッセージを読み上げた。

 ハリウッド映画が少数民族を
 差別的に描いていることに抗議し、
 受賞はお断りします。

 
会場は拍手とブーイング。

それから43年。
何が変わったろうか。

今年のアカデミー賞。
男女の主演、助演ノミネートは20人。
そのすべてを白人が独占。

黒人の映画監督スパイク・リーは
授賞式をボイコットし、こう表現した。

 アカデミー賞は、真っ白のまま。


topへ

名雪祐平 16年5月28日放送

160528-02 Georges Biard
賞を蹴る ソフィー・マルソー

2016年、フランス最高勲章は
受賞拒否された。

拒否したのは、
世界的な名女優ソフィー・マルソー。

ナポレオン1世によって制定された
フランス最高勲章「レジオン・ドヌール」。

マルソーはTwitterに、こう書いた。

 昨年だけで154人を処刑した
 サウジアラビアの皇太子に
 この賞が与えられた。
 これが私が受賞拒否した理由。


女優のしなやかな脚が、
国家の権威を蹴り飛ばした。


topへ

名雪祐平 16年5月28日放送

160528-03
賞を蹴る ジャン=ポール・サルトル

1964年、ノーベル文学賞は
受賞拒否された。

拒否したのは、
自由の哲学の父、サルトル。

理由は、

 いかなる人間でも
 生きながら神格化されるには
 値しない。


50年後、思わぬ資料が発見された。
受賞前に、サルトルからノーベル委員会宛に
あらかじめ辞退の書簡を送られていたのだ。

ところが、書簡の到着が遅れてしまい、
受賞拒否という決着に。

同じ年のノーベル文学賞には、日本から
谷崎潤一郎、
三島由紀夫、
川端康成、
詩人の西脇順三郎
の4人も候補に選ばれていた。

もし、サルトルの辞退の書簡が
遅れていなかったら……。


topへ

名雪祐平 16年5月28日放送

160528-05 (arteliz)
賞を蹴る 蓮實重彦

2016年、三島由紀夫賞は
受賞拒否されなかった。

新人賞である三島賞を
受賞したのは、80歳の蓮實重彦。
元東京大学総長。
超ベテランの文学者である。

記者会見で蓮實は言い放った。

 はた迷惑なことだと思っています。

 80歳の人間にこのような事態が
 起こってしまったことは
 日本の文学にとって非常に嘆かわしい。


それでも受賞拒否はしない。

なぜ、賞の候補になった段階で断らなかったのか?
記者が質問すると。

 なぜかについては一切お答えしません。

なんだか、不機嫌な受賞。


topへ


login