名雪祐平 16年5月28日放送

160528-011
賞を蹴る 山本周五郎

1943年、直木賞は
受賞辞退された。

辞退したのは、
山本周五郎。

直木賞を主催する
文芸春秋社の菊池寛との
不仲説などもあった。

が、権威を嫌った周五郎は、
その後もすべての文学賞の受賞を
辞退。

読者や編集者からの高い評価こそ、
この上ない「賞」。
そんな信念からだった。

賞を蹴りつづけた作家の名前を冠した
「山本周五郎賞」が創設されたのは、
周五郎の死から21年後、
1988年のことである。

死んでからでは、
名前を使われることも辞退できなかった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login