2016 年 8 月 20 日 のアーカイブ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-01 pcgn7
名探偵と都市 モースとオックスフォード

イギリスの名探偵ランキング第一位は、
シャーロック・ホームズじゃない。

オックスフォードの街が生んだ天才、モース警部。

天才の常として彼は間違ってばかりいる。
しかしその妄想すれすれの推理が、
なぜか最後には美しく謎を解き明かす。

名門大学のお膝元にふさわしい高度な頭脳プレイ。
モースの推理をたどるのは、
天才の頭の中を覗き見るのに似ている。

それもそのはず。作者のコリン・デクスターは、
クロスワードパズルのチャンピオンに三度も輝く、
正真正銘の天才だった。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-02
名探偵と都市 メグレとパリ

パリを愛した名探偵、メグレ警視。

彼の推理は極めて地味だ。
鮮やかなトリックの種明かしも、
あっと驚くアリバイ崩しもない。

証拠より心理を重視した緻密な論理の積み重ね。
その興味は誰が犯人かより、
なぜ罪を犯してしまったのかにある。

パリの街を歩きながら、
彼は犯人の皮膚の下に入り込み、
苦しんだ時間を共有しようとする。

 運命の修理人

として人生の不幸な偶然で
道を踏み外した人を正しく導きたいと願うメグレ。

彼が向き合うのは犯罪者ではなく、
罪を犯さざるを得ない人間の弱さだった。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-033 Leigh Harries
名探偵と都市 ポアロとロンドン

灰色の脳細胞を持つ名探偵、
エルキュール・ポアロ。

作者のアガサ・クリスティはあえて彼を、
ロンドンっ子とは正反対の人物に描いた。

小柄で太った体に不似合いなスーツと蝶ネクタイ。
外ではシルクハットとステッキを手放さず、
気取った口ひげは見る者の笑いを誘う。

キメてるようでキマっていない、
紳士の国のエセ紳士。

ヘンテコな見た目に油断した犯人たちは、
このベルギー生まれの「ガイジン」に、
次第に嘘や矛盾を暴かれていく。

エルキュールとはギリシャ神話における、
英雄ヘラクレスのこと。

緻密な論理と偏執的な粘り強さで、
傲慢な階級社会の鼻を明かす彼の姿は、
まさに小さなヘラクレスだった。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-04 moriza
名探偵と都市 スカダーとニューヨーク

ハードボイルドの主人公は普通、
自分の生き方を変えたりしない。

マット・スカダーは違う。

ローレンス・ブロックが生んだ
この根暗で酒好きの私立探偵は、
年を重ねるごとに人間性が変化する。

ニューヨークで生きる人々の多彩な価値観。
眠らない街のダイナミズムと孤独。

目まぐるしく動くこの街で、
過去を振り返っている暇はない。
スカダーもまた前向きに成長を遂げていく。

未来を信じて歩き続けるその姿は、
人は何度でもやり直せるという、
ニューヨークからのメッセージのようだ。


topへ


login