石橋涼子 16年10月30日放送

161030-04
お風呂のはなし 貝原益軒の温泉療法

江戸時代の学者である貝原益軒が
健康にまつわる教えを書いた「養生訓」には
温泉の効果効能や正しい入り方が細かく記されている。

 温泉は、諸州に多し。
 入浴して宜しき症あり。あしき症あり。
 よくもなく、あしくもなき症有。


と、現代の温泉療法にも通じる知識から始まる内容は、
江戸の庶民に温泉ブームをもたらしたという。

実は、夫婦そろって病弱だったという貝原夫妻。
一方で仲はとても良く、夫婦で温泉療養にでかけたりしながら
お互いに長寿を全うした。
そんなほほえましいエピソードも、
効果効能に一役買っているような気がしませんか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login