2017 年 2 月 12 日 のアーカイブ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-01
ファッションの言葉 その男の魅力

レディー・ガガの靴を作った日本人として、
一躍脚光をあびた舘鼻則孝。

藝大出身のシューズデザイナーという、
一風変わった経歴をもつ彼は、
デザイナーになったきっかけをこう語る。

 洋服や靴って人を形容するものだと思うんです。
 身につけるものの力は、その人自身に影響する。
 そういう力のあるものを、自分で作れたらいいなぁと思って。


世界の歌姫を魅了したその靴は、
世界を魅了したと言っても過言ではない。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-02 -Porsupah-
ファッションの言葉 その男の問い

舘鼻則孝。
若くして世界中のコレクターの心をつかむ、
シューズデザイナーだ。

 昔の技法や素材、かたちを
 自分なりの解釈・表現をしたら
 どのようなものが生まれるのかということに、
 とても興味があります。
 現代を生きる自分が蘇らせるとこうなる、という。


舘鼻則孝は、
すでに確立されているものでも、問いかけることを忘れない。
デザインには、「完成」
という言葉はないのかもしれない。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-03 Noritaka_Tatehana
ファッションの言葉 その男のビジョン

舘鼻則孝。
世界が注目するそのシューズデザイナーは、
2012年秋のインタビューでこう答えていた。

 5年後の自分のビジョンですか。
 …まったく違うことをしていてもいいと思います。
 それが結局、前に進んでいるということなので。


その言葉のとおり、去年の秋には、
東京・パレスホテルで、
自身初となるフードメニューのディレクションも行っている。

今年の秋、いよいよその「5年後」がやってくる。
舘鼻は、いったいどんなことをしているのだろう。



topへ

蛭田瑞穂 17年2月12日放送

170212-04 ume-y
ファッションの言葉 川久保玲の哲学

1997年の春。
ファッションブランドのコム・デ・ギャルソンが顧客に送った
ダイレクトメールにはこんなあいさつが書かれていた。

 すでに見たものでなく、
 すでに繰り返されたことでなく、
 新しく発見すること。
 前に向かっていること。
 自由で心躍ること。
 コム・デ・ギャルソンは、
 そんな服作りをいつもめざしています。
 1997年春の服がそろいました。
 どうぞおでかけください。


それはコム・デ・ギャルソン創業者川久保玲の、
服づくりの哲学に他ならない。



topへ

蛭田瑞穂 17年2月12日放送

170212-05 im nothing in particular
ファッションの言葉 川久保玲の炎

コム・デ・ギャルソンの創業者川久保玲は
ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで
ファッションの現在についてこう語っている。

 多くの人がファストファッションを求める状況に、
 私の創造の炎は少しばかり弱まっています。
 しかし、馬鹿げた振る舞いをすることも、
 愚か者を演じることも、(中略)
 ファッションビジネスには不可欠であり、
 いまだに私はそれが好きなのです。
 クリエイションこそが私を奮い起こさせますし、
 クリエイションのないところに進歩はありません。


川久保玲の創造の炎は、決して消えることがない。



topへ

蛭田瑞穂 17年2月12日放送

170212-06 mollyali
ファッションの言葉 川久保玲のクリエイション

コム・デ・ギャルソンの創業者川久保玲にとって服づくりとは何か。
川久保はこう語る。

 私は自分の仕事をアーティストと考えたことはありません。
 私がやってきたのはただ、クリエイションというビジネスです。
 かつて存在しなかったものを創造すること。
 そして創造と表現をビジネスに結びつけること。
 私にはデザイナーと実業家を切り離して考えることはできません。
 私にとってそれは一体なのです。





topへ

佐藤日登美 17年2月12日放送

170212-07 jerryfergusonphotography
ファッションの言葉 夫のことば

ブライダルファッションデザイナー、桂由美。
彼女は42歳のときに、11歳年上の旧大蔵省官僚、結城義人と結婚した。

結城はある取材で、桂についてこう話した。

 ウエディングドレスに自分のすべてを賭ける生き方があるんだと、
 感心しましたよ。
 だけど、この人程度の才能の持ち主なら大勢いるでしょうね。


ブライダル業界のレジェンドとも呼べる桂を捕まえて
「この人程度」と形容する夫。
だが、彼はこう続ける。

 由美はたいした能力はないが、一筋の道を脇目もふらずにやってきた。
 ずば抜けた能力はなくても、一生懸命に一つの道を進んでいれば、
 一流と呼べるレベルになれるという良い例ではないでしょうか。


桂の、ウエディングドレスに対する熱意を称賛しての言葉だった。



topへ

佐藤日登美 17年2月12日放送

170212-08 waitscm
ファッションの言葉 上品なセクシーさ

和装婚全盛期の日本にウエディングドレスをもたらした、桂由美。

あるとき、アメリカのバイヤーが
彼女のデザインしたドレスについてこう述べた。

「マダム・カツラはなぜ『可愛い』ドレスばかりつくるのですか?
 『セクシー』さが足りない。」


当時の日本女性の結婚適齢期は25歳までとされ、
花嫁には若さと可愛らしさが求められた。
だが、今後は社会で活躍し、年齢を重ねて結婚する女性が増える。
そんな女性たちには可愛いだけにとどまらない魅力が必要だ。

そのバイヤーの言葉をヒントに、桂はどんな年齢の女性が着ても美しい
「上品なセクシーさ」を持つドレスを生み出した。

彼女が日本に提案したのはウエディングドレスだけでなく、
女性の新しい生き方だったのかもしれない。



topへ


login