2017 年 2 月 19 日 のアーカイブ

奥村広乃 17年2月19日放送

170219-01
プロレスの日

今日、2月19日は、プロレスの日。

1954年の今日、蔵前国技館で1つの試合が行われた。
力道山・木村政彦対シャープ兄弟。
日本で初めて行われた、
プロレスの本格的な国際試合であった。

その力強い戦いっぷりから力道山は、
あっという間に国民的人気者になる。
1953年に始まったテレビ放送がその人気を後押しした。

彼は、こんな言葉を残している。

『男が人の上に立って成功するには、
 方法はたった一つしかないぞ。
 それは過去に誰もやったことのないことを
 一生懸命やることだ』



topへ

礒部建多 17年2月19日放送

170219-02
悪役の素顔

今日、2月19日は、プロレスの日。

悪役は、リングを降りても悪役でなければならない。
ただ、素顔はどうか。

190cm、120kgという大柄な体格。
「狂える虎」と呼ばれ、悪役として一世を風靡した、
タイガー・ジェット・シン。

プライベートで移動していたときのこと。
シンは、握手を求めてきたファンを蹴り倒したのだ。

バスに乗り込んでからのシンは俯き、無口のまま。
しかし少しして、スタッフにこう話しかけたと言う。

「さっきの彼、怪我しなかったかな。」

「稀代の悪役」であったことは、間違いない。
ただ、人の痛みが分かる人間であったことも、また事実なのだ。


topへ

澁江俊一 17年2月19日放送

170219-03
プロレスの日

今日、2月19日は、プロレスの日。

日本のプロレス人気を支え続けた
ジャイアント馬場。

プロ野球選手という地位を
ケガで棒に振ってのプロレス入り。
挫折からのスタートだった。

若い頃はアメリカへの
武者修行で名を馳せた。
師匠の力道山が世を去ると、
本場アメリカでの定住を勧められた。
しかし馬場は当時の額で1億円という
破格の年棒を断り、
闘いの舞台を日本に定めた。

明るく、楽しく、激しく。

その言葉をモットーに
立ち上げた全日本プロレスは
ファンを裏切らない、
質の高い試合にこだわった。

16文キック、
ジャイアントバスター、
脳天唐竹割り、
2mを超える巨体が
繰り広げらる技の数々。
その強烈さは
馬場の誠実さでもあったのだ。


topへ

礒部建多 17年2月19日放送

170219-04 NWharry
プロレスのテーマ

今日、2月19日は、プロレスの日。

ザ・ファンクスであれば、「スピニング・トーホールド」、
ジャイアント馬場であれば、「王者の魂」。

プロレスにとって欠かせない、
「選手のテーマ曲」という演出も、
最初からあったわけではない。

1977年2月、
仮面貴族と呼ばれたミル・マスラカスのテーマ曲として、
全日本プロレス中継のディレクター・板垣進が
「スカイハイ」を流したのが、
テーマ曲が注目されるきっかけとなった。

曲がかかれば、
観客から拍手と大歓声が生まれ、
選手の闘志に火がつく。
板垣のひょんなアイデアが、
会場の一体感を強固なものにした。


topへ

澁江俊一 17年2月19日放送

170219-05
プロレスの日

今日、2月19日は、プロレスの日。

プロレスを題材にして、
一斉を風靡した人気漫画「タイガーマスク」。

主人公は伊達直人。
悪役レスラーであることを隠し、
その収入を、孤児院に寄付し続けた。

原作者・梶原一騎が生み出した
無敵の悪役ヒーローが、
マスクという匿名性に隔てられた
表のイメージと、裏の本心とのギャップに苦しむ、
その姿は多くの共感を集めた。

連載終了から
およそ30年経った2010年頃、
伊達直人を名乗る誰かが、
児童施設に様々な寄付を行うようになった。
架空の人物が、寄付という行動を起こしている。
その活動は全国へと広がり続け、大きな話題になった。

今日もどこかにいるたくさんの伊達直人は
当たり前の日々を生きている
普通の人の、マスクの裏の、素顔なのだ。


topへ

奥村広乃 17年2月19日放送

170219-06
リンカーンとプロレス

今日、2月19日は、プロレスの日。

第16代米国大統領エイブラハムリンカーン。
彼は元レスラーだったという。

身長190センチを超える恵まれた体格。
地元の力自慢たちと戦い、
その強さに周囲は目を見張った。

しかし彼はこんな言葉を残している。

「敵が友となる時、
 敵を滅ぼしたとは言えないかね?」


奴隷解放の父、エイブラハムリンカーン。
彼は腕力ではなく政治で一国を変えた。

本当の強さは、
優しさの中にあるのかもしれない。


topへ

松岡康 17年2月19日放送

170219-07 NWharry
阪神大震災とプロレス

今日、2月19日は、プロレスの日。

阪神大震災が起きた二日後の1995年1月19日。
被災地である大阪府立体育会館で、
全日本プロレスの大会が行われた。

都市を襲った未曾有の大災害。
水も電気も止まっている地域も多く、
プロレスを行えるような状況ではなかった。

だが全日本プロレスの代表だったジャイアント馬場は
「入場無料」「当日のファイトマネーを全額寄付」という条件で
大会を決行する判断をする。
「こんなときこそ、プロレスでみんなを励まそう!」

会場の入りは半分くらい。
だがいつもの大会より声援は大きく、
ジャイアント馬場をたたえるコールが
いつまでも続いていたという。


topへ

松岡康 17年2月19日放送

170219-08
伝説のプロレスラー

今日、2月19日は、プロレスの日。

メキシコのプロレス、
ルチャリブレで伝説と呼ばれた人物がいる。

白銀のマスクマン「エル・サント」。
1934年にデビューした彼は40年近くルチャリブレ界に君臨。
漫画や映画にも描かれ
人々のヒーロー・正義のシンボルにまでなった。

エル・サント、実は子供を10人も設けている。
そのうちの一人はエル・イホ・デル・サントという名の
プロレスラーとなりルチャリブレで大活躍した。

そしてエル・サントがデビューしてから79年後の2013年、
彼の孫が日本のプロレス団体に留学することが発表された。

ルチャリブレの伝説は、これからも受け継がれていく。


topへ


login