佐藤日登美 17年2月12日放送

170212-08 waitscm
ファッションの言葉 上品なセクシーさ

和装婚全盛期の日本にウエディングドレスをもたらした、桂由美。

あるとき、アメリカのバイヤーが
彼女のデザインしたドレスについてこう述べた。

「マダム・カツラはなぜ『可愛い』ドレスばかりつくるのですか?
 『セクシー』さが足りない。」


当時の日本女性の結婚適齢期は25歳までとされ、
花嫁には若さと可愛らしさが求められた。
だが、今後は社会で活躍し、年齢を重ねて結婚する女性が増える。
そんな女性たちには可愛いだけにとどまらない魅力が必要だ。

そのバイヤーの言葉をヒントに、桂はどんな年齢の女性が着ても美しい
「上品なセクシーさ」を持つドレスを生み出した。

彼女が日本に提案したのはウエディングドレスだけでなく、
女性の新しい生き方だったのかもしれない。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login