2017 年 7 月 22 日 のアーカイブ

藤本宗将 17年7月22日放送

170722-01 angela n.
合衆国大統領の家

ペンシルベニア通り1600番地。
その住所こそ、アメリカ合衆国大統領の家。
ホワイトハウスだ。

初代大統領ワシントンのときに建設が始まった
築200年の物件なので少々古めかしいが、
リフォームや増築を繰り返し、
およそ1900平方メートルの居住エリアに部屋数は134。
ジムやプールはもちろん、
ボウリング場や映画館まで揃っている。

これほどの豪邸となると、
厄介なのは何年かごとにやってくる引越し。

次期大統領に質問状を送り、
それをもとにシャンプーや石けんのブランド、
カーペットの種類、
さらには枕の中身がスポンジか羽毛かまで
リストを作って準備する。

ちなみに安全上の理由で引越し業者は使えないため、
当日はホワイトハウス職員が総動員されるそうだ。


topへ

藤本宗将 17年7月22日放送

170722-02 United States Government Work
合衆国大統領の電話

2020年が近づき、人々のスポーツ熱が高まるこの頃。
誰もが携帯電話を当たり前のように使う時代。
実はいちばん電話を自由に使えないのは
アメリカ合衆国大統領かもしれない。

大統領は通常、執務室や専用車に設けられた
安全な専用回線を使って通話する。

携帯電話については
どんな端末なのか公表はされていないが、
かなり機能制限されたものを使っているらしい。
任期の終盤になってようやく
スマートフォンを支給されたオバマ前大統領は、
部下からこう言い渡されたそうだ。

「セキュリティの関係から写真は撮ってはならないし、
 メッセージのやり取りもいけません。
 電話も機能しませんし、もちろん音楽も聞けません」


もはや何ができるかさえわからない。
大統領のスマートフォンは、
お世辞にもスマートとは言えないようだ。


topへ

藤本宗将 17年7月22日放送

170722-03 Anthony Citrano
合衆国大統領の飛行機

アメリカ合衆国大統領専用機といえば
「エアフォースワン」が有名だが、
もちろんいつも同じ飛行機に乗っているわけではない。

外遊などで航空機に搭乗するときには、
その機体の所属によって
コールサインが与えられることになっている。

エアフォースワンは空軍機だった場合のコールサインで、
基本的には専用機であるVC-25のことを指す。
VC-25は2機存在するが、
海外訪問時はトラブルに備えて2機一組で飛ぶ。

機体の所属が陸軍ならアーミーワン。
海軍ならネイビーワン。
海兵隊ならマリーンワン。
沿岸警備隊ならコーストガードワン。
そして民間機だった場合は、エグゼクティブワン。

ちなみに、大統領自身が大富豪で、
自家用機を所有していたとしたらどうなるか?
トランプ大統領には残念なことだが、
就任中は自家用機を使えないという規定があるそうだ。


topへ

藤本宗将 17年7月22日放送

170722-04
合衆国大統領の別荘

アメリカ合衆国大統領がよく休日を過ごす場所が、
「キャンプ・デービッド」。

ワシントンから北西に約100km。
メリーランド州カトクティン山岳公園にある大統領専用の別荘だ。
正式な名称は海軍サーモント支援施設という。

面積は約50万平方メートル。
海抜550メートル地点にあるため
夏はワシントンより温度が5度ほど低くて過ごしやすい。
敷地内にはマスが住む池、散策路、屋外プール、
ゴルフ練習場とパッティンググリーン、
テニスコート、ボウリング場、
体育館などの設備が整っている。
来賓用の建物もあり、ここで首脳会談が行われることもある。

ちなみにデービッドというのは地名ではない。
もともとフランクリン・ルーズベルト大統領の
静養地としてつくられたときは、
理想郷を意味する「シャングリ・ラ」という名称だった。
それを、アイゼンハワー大統領が
自分の孫のデービッドにちなんで変更したそうだ。

理想郷で過ごすよりも、孫に癒されたい。
大統領も休日くらいは、
ひとりのおじいちゃんになりたいのかもしれない。


topへ

藤本宗将 17年7月22日放送

170722-05
合衆国大統領のカバン

アメリカ合衆国大統領のカバン。
その中身は、もしかしたらこの世界で
いちばん物騒かもしれない。

通称「フットボール」。
核兵器を使用するための装置である。

フットボールはゼロハリバートン社製で、
黒い革のカバーで覆われたブリーフケースだという。
鞄の重さはおよそ20キログラム。
持ち手のところにはアンテナが伸びている。

フットボールには4つの物が入っている。
報復攻撃の選択肢を記した黒い手帳、
緊急時に大統領が避難できる極秘の場所のリスト、
緊急警報システムの手引書、
そして認証コードが書かれたカードだ。

世界中の人々の命運を握る。
世の中にこれほど重たいカバンはないだろう。
任期を終えるときまで
その重荷から解放されることはない。


topへ


login