大友美有紀 17年10月6日放送

lgf01a201312241000
「プラネタリウム解説員/河原郁夫」大事なもの

4

 私は、人間が生きていくために大事なものが
 プラネタリウムの中にあるんじゃないかと
 思っているんです。
 すぐに何かの役に立つというものでは
 ないですけれど。

 ときには星の光のことを考えてみる。
 七夕の織女星の光が地球に届くまで
 25年ほどかかります。
 はくちょう座のデネブという星にいたっては
 1424年もかかります。
 今いる人間が誰も生まれていない時代の光を
 今晩見ているんです。なんてすごいこと。
 人生がいかに短いか、わかってきます。

86歳の現役プラネタリウム解説員、河原郁夫は、
小学校4年生のときに「プラネタリウム」という仕事を
見つけられて、本当に幸運だったという。
一生続けられるものがあると、短い人生が豊かになるから。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login