薄景子 17年10月29日放送

171029-03
写真のはなし ポール・モブリ―の写真集

フォトグラファーの、ポール・モブリ―。
彼は100歳を越えるおじいちゃん、おばあちゃんを
70人以上撮影し、ある写真集をつくった。

タイトルは、「もしも100歳まで生きたなら」。

生き生きとした写真に添えられるのは、
激動の20世紀を生きぬいた先輩たちの深い言葉。

「神さまが私をこの世にいさせてくれるの」
という、117歳のおばあちゃん。

「100歳の誕生日にも飛行機にのったよ」
と語る、102歳の元パイロット。

「心の中がどうであれ、常に笑顔を絶やさずにいなさい」
というのは、お互い再婚同士の102歳と104歳。

「ズルだけは、絶対にやってはいけない」
というのは、長年牧場につとめた101歳の人生訓。

この撮影をきっかけに、100歳まで生きることを
自分自身の目標にした、というポール・モブリ―。

彼は、長生きの人には
ある共通点があることに気付いたという。

 みなさん、自らが学んできたことを話したがり
 人に分け与えようとします。
 無口な100歳以上の人はいません。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login