2018 年 9 月 29 日 のアーカイブ

厚焼玉子 18年9月29日放送

180929-01
台風

9月は台風の季節。

数で言うと8月が多いのだが。
気象庁によって名前が付けられた被害の大きな台風は
いままでに8つあって。
それらは全部9月に上陸している。

なぜ9月の台風が被害が大きいのかというと、
日本列島付近に停滞している秋雨前線が刺激されて
大雨を振らせることがあるからだそうだ。

秋雨の雨量は北や東に行くほど多くなる。
台風が通過するときは十分な注意が必要である。


topへ

厚焼玉子 18年9月29日放送

180929-02
台風

9月は台風の季節。

この国の台風は被害と同時に恩恵ももたらしている。
台風の役割のひとつは「溜める」
もちろん水のことで、
大量の雨を降らして乾いた野山をうるおし、
渇水状態になったダムに水を補給する。

2005年の台風14号は
カラカラになっていた高知県の早明浦ダム(さめうら)を
たった1日で満タンにした。

台風は日本の水資源でもあるのだ。


topへ

厚焼玉子 18年9月29日放送

180929-03 京浜にけ
台風

9月は台風の季節。
台風の恩恵のひとつに「洗う」と言う役割がある。

台風で川が増水すると、濁った水があふれているが
その後は見違えるほどキレイになった川底が見える。
川底のゴミやヘドロ、
石についたコケもさっぱりと洗い流されている。

毎年産卵にくる鮎も
四万十川の青海苔も
台風で洗われた石がないと繁殖できない。

台風が去った夜に星を見ると
いつもより多いことに気づくだろう。
台風は空気も洗ってくれるらしい。


topへ

厚焼玉子 18年9月29日放送

180929-04 tetsukun0105
台風

9月は台風の季節。
台風の恩恵のひとつに「まぜる」と言う役割がある。

台風によって海の底の冷たい水と
表面の温かい水がまざりあい、ほどよい水温になるし、
酸素が足りない深海に酸素を供給する。

何年かまえに台風が来なくて海水の温度が上がり、
沖縄の珊瑚が死滅するという危機があった。
珊瑚が死んでしまうと、そこで暮らす生き物たちも
生存の危機を迎える。

珊瑚礁は台風に守られているのだ。


topへ

厚焼玉子 18年9月29日放送

180929-05 松岡明芳
台風

9月は台風の季節。
台風の恩恵のひとつに「運ぶ」と言う役割がある。

土砂を運び、海に砂浜をつくる。
赤道の熱エネルギーを温帯地方に運ぶ。

身近なことで言えば、川沿いに咲く彼岸花。
彼岸花は必ず人里に咲く。
もし人里離れた川沿いに咲いている彼岸花があれば
上流の村から土砂に混じって流されたと思っていいそうだ。

木や草の種を思いがけない遠くへ運ぶのも台風だ。
海から顔を出したばかりの新しい島に
いつの間にか草が生えている。
虫も台風の風に乗ってやってくる。


topへ


login