奥村広乃 19年4月21日放送


お茶の色

「お茶」と聞いて
イメージするのは何色だろう。

では、
「茶色」と聞いて
イメージするのは何色だろう。

「お茶」の色はグリーンなのに、
「茶色」はブラウン。

不思議ではないだろうか。

現代の日本で日常的に飲まれている、
緑色のお茶が広まったのは江戸時代のこと。
18世紀後半以降といわれているそう。
千利休が茶の湯を完成させたよりもあとのこと。

それまで庶民が飲んでいたお茶は、
鍋や釜で炒って作ったもの。
その色はブラウン、茶色だったのだとか。

あなたの好きなお茶の色は、何色ですか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login