川野康之 19年6月8日放送


カッシーニ

探査機カッシーニの最後のミッションはグランドフィナーレと呼ばれた。
土星の大気圏に突入し、大気のデータを集めながら自ら燃え尽きるというものである。
生命が存在するかもしれないタイタンやエンケラドスに
地球の微生物をもたらすことを防ぐためであった。
2017年9月15日、カッシーニは土星の空で流星となって消えた。
最後に送ってきた写真には、
上空の環と柔らかな光につつまれた土星の表面が写っている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login