佐藤理人 19年6月15日放送


雪男って信じる?

梅雨には、たくさんの名前がある。
雪男が世界的に有名になったのは1951年。

イギリスの登山家エリック・シプトンが、
長さ33cm、幅20cmの人間に似た足跡を発見した。

クマにしては大きすぎるその足跡は、
人間では超えられない大きなクレバスを、
ひとまたぎで超えていた。

かくして、雪男狩りが流行の冒険になった。

ガイドたちは山に住む巨人の話を繰り返し語り、
雪男のものと称する骨や皮が土産物として人気を博した。

しかしそのどれもがヤギのものだった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login