厚焼玉子 19年6月23日放送

KYR
雨に咲く花 花菖蒲

花菖蒲は雨というよりも水が似合う花かもしれない。
水辺で見かけることが多い。
江戸時代、野生の花菖蒲は田圃の雑草と見られていたが
抜いてしまうのも哀れだというので
あぜ道に移され、
やがて農家の庭先でも咲くようになったと言われる。

やがて大名や旗本の屋敷の庭で育てられ、
改良され、記録され、
現在、日本の花菖蒲の種類は2000種を超える。


花菖蒲は普通の花壇でも十分に育つが、
花の時期だけはたっぷりの水を必要とする。
雨の時期に咲くというより、
雨の時期でなければ花を咲かせられないのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login