河田紗弥 19年8月4日放送


喉が渇いたなら。 〜スポーツドリンク〜

1960年代中頃、
ダムやプラントの建設現場で
炎天下のもと作業していた作業員が
脱水症状を防ぐために
自由に水を飲むことが許されていたにも関わらず、
相次いで倒れる事件が多く発生していた。

また同時期に、
アメリカではアメリカンフットボール選手の発汗による
脱水症状や熱中症による死亡者が
年間平均で約20名という数字を記録…。

この事態を受けて、調査と研究が行われ、
水を飲みすぎると体内の塩分濃度が薄まり、
体内の電解質バランスが崩れてしまうという
人体のメカニズムが明らかにされたのであった。

そこで、フロリダ大学のアメリカンフットボールチーム
「ゲータレード」全面協力のもと、
ロバートケード博士によって、
世界ではじめてスポーツドリンクが誕生した。

このスポーツドリンクをきっかけに、
水分だけではなく、ミネラルも同時に補給することが重要視され、
さまざまなスポーツドリンクが生まれることとなった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login