河田紗弥 19年8月4日放送


喉が渇いたなら。 〜ぶどうジュース〜

1869年、ニュージャージー州。
ひとりの医師が、教会で行われる聖餐式に
未発酵のワインを使うことはできないかと考えていた。

彼はある日、自宅のぶどう農園で、
絞った果汁を密閉した瓶に入れ、
発酵を防ぐために、瓶ごと沸騰したお湯の中へ入れ、
未発酵のワインづくりに挑戦。

数週間後に瓶をあけると
そこには、未発酵のワイン
つまり、ぶどうジュースが存在していたのだ。

そして彼は、牧師たちに聖餐式に使うことを薦め、
ニュージャージー州南部の教会へと販売を開始した。


その医師の名前は、
トーマス・ブラムウェル・ウェルチという。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login