河田紗弥 19年8月4日放送

foreverdigital
喉が渇いたなら。 〜ビール〜

1516年、
ドイツのバイエルン地方の君主
ウイルヘルム4世は
「ビール純粋令」を発令する。

修道院でつくられる美味しいビールを
見よう見まねでつくる民間企業が増え、
ビールの品質が全体的に低下したことが理由として言われている。

「ビール純粋令」の中身は、
「ビールは大麦とホップ、そして水以外のものを醸造してはならない。」
というものであった。

これにより、
その後のドイツビールの品質と人気の上昇はとどまることを知らなかった。

この「ビール純粋令」は、
ドイツでは今もなお、国内で製造される
下面発酵ビールにおいては守られている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login