佐藤理人 19年8月10日放送


発明の真相  圧力鍋

圧力鍋は蒸気エンジンから生まれた。

フランスの物理学者ドニ・パパン。
1679年、彼は蒸気機関の研究中に、
水の沸騰温度が圧力に比例することを発見。

気圧を高めることで、

 骨まで柔らかくする鍋

を発明した。彼はこの鍋を

 ダイジェスター

と名付けた。

蒸気の威力を知っていた彼は、
爆発を防ぐ世界初の安全弁まで開発したが、
鍋はまったく売れなかった。

圧力鍋が普及したのは260年後。
第二次世界大戦中の主婦たちが、
熱心に倹約を心がけたときのこと。

以来、圧力鍋は世界中の食卓に、
美味しい笑顔を届け続けている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login