佐藤延夫 20年3月1日放送


雛祭りの話

貴族から武家へ。
そして町人に伝わっていった雛祭りだが、
雛人形や雛道具は、
次第に華々しく派手なものに変わっていく。
江戸幕府は、度を超えた贅沢を禁止するお触れをたびたび出した。
たとえば、
人形は八寸以上の大きさにしてはいけない。
八寸というのはおよそ24センチ。
道具も、蒔絵など贅沢なものを作ってはいけない。

物差しを持った役人に、
多くの雛人形が摘発されたそうだ。

お内裏様もさぞ驚いたことだろう。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA