‘澁江俊一’ タグのついている投稿

澁江俊一 20年1月19日放送


アマチュアの星たち

1908年の今日は、
日本天文学会が設立された日。

アマチュア天文家と
呼ばれる人たちが世界中にいる。
特にアマチュアのレベルが
とても高い国が日本だ。

太陽の黒点の観測、
数々の彗星の発見、
超新星の発見などが日本の
アマチュア天文家たちによって
いくつもなされている。

まだ10代で貴重な発見をした人もいれば
本業がありながらその合間に
夜空を見つめ続けた人もいる。

日本、そして世界中に
星の数ほどいるアマチュア天文家たち。
技術や予算は専門家には遠く及ばなくても
彼らの愛は、これからも天文学に
新たな感動を与えてくれることだろう。


topへ

澁江俊一 20年1月19日放送

Fir0002
短歌と天文学

1908年の今日は、
日本天文学会が設立された日。

偉大な歌人であり「小倉百人一首」の選者として
知られる藤原定家が、天文学の世界でも
大きな業績を残していることをご存知だろうか?

定家の56年にも及ぶ日記は
後に明月記と呼ばれ、国宝にもなるのだが
ここに数々の天文学的な記録が残されている。
超新星や彗星のほか、
なんとオーロラの観測も記されているのだ。

定家が暮らした西暦1200年頃は、
太陽が活発に活動し、京都でも頻繁に
オーロラが見られた。

当時は見慣れぬ天体現象は
不吉の前兆と考えられており、
人々の大きな関心事だった。

自然を観察して時を超える歌にする。
日本古来の芸術を極めた定家だからこそ、
星空への関心も誰より
強かったのではないだろうか?


topへ

澁江俊一 20年1月19日放送

Momotarou2012
日本初の暦

1908年の今日は、
日本天文学会が設立された日。

日本で初めて使われた
日本人の手による暦は1684年の
貞享暦(じょうきょうれき)。

手がけたのは
江戸時代前期を生きた渋川春海(しゅんかい)。
32歳の時から天体を日夜観測。
その結果をもとに朝廷へ改暦を願い出た。
ところが春海が算出した日食予報が失敗。
その申請は却下されてしまう。

失敗の原因を研究するうち、
暦の参考にしていた中国と日本には
時差があると気づいた春海。
自らの観測データをもとに
日本向けに改良して貞享暦を完成させた。
コペルニクスの地動説が
まだ伝わっていなかった日本で
人々の想像を遥かに超える偉業である。

暦の改定は当時の日本にとって
なんと800年ぶり。
西鶴や近松が物語に取り入れるほど
江戸中の話題をさらったという。


topへ

澁江俊一 20年1月19日放送


地動説のパイオニア

1908年の今日は、
日本天文学会が設立された日。

コペルニクスより1800年も前に
地球は自転していて、太陽が中心にあり、
5つの惑星がそのまわりを公転するという、
いわゆる地動説を唱えた人物が、実はいた。

アリスタルコスという
古代ギリシャの天文学者だ。
観測技術などまったくない時代に
宇宙の真実に気づいた人類の奇跡だ。
しかしその後長きにわたり
地球が宇宙の中心という天動説が主流となり
真実に気づいた者を迫害し続けた。

人間はとかく真実を見誤る生き物なのだ。

宇宙の謎を考える歴史は、
人間の謎を考える歴史と限りなく近い。


topへ

澁江俊一 19年12月15日放送


鍋ルネッサンス

冬といえば、あたたかい鍋。

日本の鍋料理が花開いたのは江戸時代。
まさに鍋ルネッサンスが起きた。

どじょう、まぐろ、あんこう、
すっぽん、ナマズ、穴子、白魚、ふぐ、
イノシシに、鹿、しゃも、雉・・・

鍋の百花繚乱。
様々な鍋の店が江戸じゅうに軒を並べた。

鍋が一気に広がった理由は「ひとり鍋」。
火鉢や七輪が普及した江戸時代は
底の浅い鍋で、ひとりで食べるのが主流だった。

寒い夜。
大好きな具を煮込んだ鍋を
独り占めする喜びは、
人間が味わえる幸福の中でも
最高に近いものでは、ないだろうか。


topへ

澁江俊一 19年12月15日放送


ちゃんこの味が染みる時

冬といえば、あたたかい鍋。

日本の国技である相撲。
稽古部屋で力士たちが食べる
ちゃんこ鍋はよく知られている。

力士たちにとって
たくさん食べることも稽古のうち。
手間ひまかけず大量に作れて
栄養豊富なちゃんこ鍋こそふさわしい。

1日2回。
激しい稽古の後にみんなで食べる。
具やスープの味を様々に変えることで
毎日でも飽きることがない。
昔は牛や豚など4本足の動物の肉は
土俵に両手をつく姿につながり
縁起が悪いとして鍋に入れなかったほど。
ちゃんこ鍋は、まさに
相撲とは切っても切れないものなのだ。

相撲の世界には
「ちゃんこの味が染みてくる」という表現がある。
新米だった力士が稽古を重ねて
精神的にも肉体的にも成長することで
一人前になり、角界に馴染んできた様を言う。

親方に「お前もちゃんこの味が染みてきたな」
と言われることは、新米力士にとって
涙が出るほど、うれしいことなのだ。


topへ

澁江俊一 19年11月16日放送

テル
自然信仰

仏教、神道、だけではなく
日本には古くから
もうひとつの宗教があった。

それが修験道。
日本列島にもともとあった自然信仰に
神道や仏教、道教や陰陽道が
影響を与えて、平安時代に
成立したと言われている。

山に入り、
人は自然の一部だと感じる。
修験道の山伏修行が今、
とても人気だという。

なるほど。
山は日本の国土の7割以上を占める。
山から学び、山を信じるのは
とても自然なことかもしれない。



topへ

澁江俊一 19年11月16日放送


日和見

日和見という言葉がある。
相手に合わせて
自分の意見を変える
自己主張のない要素を表す言葉だ。
そこから日和るという
悪口も生まれた。

しかしもともと日和見は
天気を予測することだった。
例えば山伏たちは
山に入り、五感を研ぎ澄ませ
自然を深く観察して
山や川や海、木々や鳥や獣の声を聞き
天候を予測した。
それはたくさんの人の役に立つ
何より重要な仕事だった。

今はすべてを
気象衛星に頼る時代。
人間の日和見能力は、
昔の方が優れていたかも知れない。



topへ

澁江俊一 19年11月16日放送


山伏のビジネス

仏教、神道、だけではなく
日本には古くから
もうひとつの宗教があった。

それが修験道。

自然の声を聞きながら
修行をする山伏たちは
医学や学問、芸能など
日本文化にも大きな影響を与えた。
あの富山の薬売りも山伏だったという。

山に深く入り
自然の声を聞きながら
その声をビジネスにもつなげていく。
その山伏の考え方、
自然との共生が求められる
現代のビジネスマンにこそ
必要なのではないだろうか?



topへ

澁江俊一 19年10月20日放送


髪の神

10月20日(はつか)、今日は頭髪の日。

古今東西、様々な神様がいる日本。
髪の毛の神様がいることも、
ご存知だろうか?

東京都北区、王子神社にある毛塚。
ここに祀られているのは蝉丸だ。百人一首の
「これやこの ゆくもかへるも わかれては 
しるもしらぬも あふさかのせき」
の歌で知られる、あの蝉丸である。

天皇の子として生まれ
逢坂山に捨てられた蝉丸には
生まれつき髪の毛が逆立った
逆髪姫という姉がいた。

その姿を嘆く彼女のために
蝉丸はカツラをつくった。
もともと目が見えない蝉丸には
姉の姿も見えていない。
それでもカツラをつくる。
どこまでも美しい愛がそこにはある。

髪の毛にまつわる業界の人々から
今も尊ばれている蝉丸の伝説である。



topへ


login