岡安徹 11年7月23日放送


闘うひと~アントニオ猪木

燃える闘魂、アントニオ猪木。

「元気ですか!」

世の中には、人を励まそうとする言葉が
あふれているけれども、猪木氏の言葉は
中身の濃さがちがう。

複雑な生い立ち、順風満帆とは言えない興業、
成功ばかりの人生ではなかった。
それでも、へこたれている姿などみたことはない。

「燃え尽きた時に、もう次に踏み出していたい」

元気があればなんでもできる。
そう笑う男は元気そのものに見える。




闘うひと~サッカー元日本代表監督/岡田武史

重圧という言葉の力を知る男、岡田武史監督。

二度目の日本代表監督、
世論の圧力にもかかわらず
その采配により快進撃を見せた。

岡田氏は言う
「重圧やプレッシャーは重力みたいなもので、
重力がないと筋肉も骨もダメになっちゃう」

いいプレーは強いカラダから。
優れた指揮は強いココロから。
プレッシャーに鍛えられた岡田さんのコトバだから、
かっこよかったんですね。




闘うひと~登山家/三浦雄一郎

登山家三浦雄一郎
75歳にして、2度目のエベレスト登頂という
偉業を成し遂げた。

もちろん、その挑戦は順調なものではなかった。
60歳を超えてからのトレーニング。無理をすれば身体が
悲鳴をあげ、ドクターストップがかかったこともある。

そんなとき三浦が心がけていたのは、
ゆっくりでも、止まらず進むということ。

「無理せず、一歩ずつ歩いていたら、
8,848メートルに立っていました」

どんな困難も、止まらず進めば
乗り越えられるんですね。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login