渋谷三紀 11年7月23日放送


闘うひと~レディー・ガガ~

奇抜なファッションで注目を集め、
アメリカ「タイム」誌で
世界一影響力のあるアーティストに選ばれた、
レディー・ガガ。

まだ25歳。
若くして世界の音楽シーンの頂点に立った彼女にも、
マドンナの真似にすぎないと評された時期があった。

そんな声に傷つくガガのもとに、一通のメールが届く。

“love you GAGA.”

メールの差出人は、マドンナ。
同じ階段を駆け上がってくる
若い才能を認め、あたたかい賞賛をおくった。

マドンナを誰より尊敬していると前置きした上で、
ガガも言う。

私は、第二のマドンナになりたくない。
私がなりたいのは、レディー・ガガよ。

ライバルとはつまり、同じ高みを目指す
もっとも親密な間柄をいうのかもしれない。




闘うひと~為末大~

努力は夢中に勝てないんですよ。
というのは、ハードル走者、為末大のことば。

ほら、子どもがよく駅の名前を全部覚えたりするけど、

大人がやると十何倍も労力と時間がかかるでしょう。
とつづける。

何かに打ち込むことが
苦しみになる人間と、楽しみになる人間。
はじめから勝負は見えている。

だから子どもには
がんばろう。でなく、楽しもう。
と声をかけよう。




闘うひと~秋元康とAKB48~

プロデューサーの秋元康がAKB48のメンバーに
よく言って聞かせる言葉がある。

夢というのは、
ぐーっと手を伸ばした1ミリ先に存在している。

つまり、夢はいくら追い続けたとしても、
届くことも、触れることもできない。

そのとき、
「1ミリ先に夢はある」と信じてつづけるか、
「何も近づいてない」とあきらめるか、
そこが分かれ道になるんだ、と。

すぐ目の前の出来事を
ポジティブに見るか、ネガティブに見るか、
人生はそこから変わりはじめるのかもしれない。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login