名雪祐平 12年3月31日放送

marcmonaghan
例える女 アンジェラ・デービス

差別という壁を倒せ。

そのあとは、どうなる。

 壁が横に倒れると、
 それが橋となる。

大きなカーリーヘアの
アンジェラ・デービスは、
ポジティブにそう言い放った。

フランクフルとパリ大学で学んだ才女であり、
帰国後は黒人女性活動家として差別と
闘いつづけた。

カリフォルニア州立大学での教職追放や
冤罪による強制逮捕にもひるむことはなかった。

信念と行動が壁を倒し、
倒れた壁は
一気に未来への架け橋となる。

アンジェラの考えたのは、
双方向に往き来できる
新しい橋だったのかもしれない。



DavidMoran1988
例える女 向田邦子

直木賞作家の向田邦子が
エッセイ集『夜中の薔薇』に
書いた一節。

 自分に似合う、
 自分を引き立てる
 セーターや口紅を選ぶように、
 ことばも選んでみたらどうだろう。

 ことばのお洒落は、
 ファッションのように遠目で人を
 引きつけはしない。
 無料で手に入る最高のアクセサリーである。

こうしたことばをあざやかに記す向田は、
そのファッションもとても素敵な人だった。

飛行機事故の不慮の事故死から30年。

日本のファッションは、
ずっとお洒落になったかもしれない。
さて、ことばのほうは。

自分のことばは、輝いているだろうか。
最高のアクセサリー、だろうか。




例える女 エリザベス一世

16世紀半ば、か弱く小さな国家イギリスに
25歳の女王が即位した。

エリザベス一世。

当時のヨーロッパの国々は
イギリスの統治権を狙い、
各国の国王、皇太子はつぎつぎと
エリザベスに結婚を申し込んできた。

エリザベスは心得ていた。
彼らに結婚を期待させつつ、
したたかに外交に利用した。

そして財政を立て直し、戦争に勝利し、
世界貿易を手中におさめ、
イギリスを世界の大国に成長させた。

生涯独身を通し、
処女王 the Virgin Queen と言われた
エリザベスはこう言い切ったという。

 私はイギリスと結婚したのです。




例える女 マリー・ローランサン1

 退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

 悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

 不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

 病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

 捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

 よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

 追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

 死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。


これはフランスの女性画家
マリー・ローランサンの『鎮静剤』という詩。

かつて運命的な恋をした男が別の女性と結婚し、
その年のうちに急死しまったことを知り、
書き上げられた。

ローランサンは自分自身を
もっとも哀れな、忘れられた女に例える詩を書き、
思いを露出させることで
心を静める薬にしようとしたのだろうか。




例える女 マリー・ローランサン2

ある日、
フランスの女性画家、
マリー・ローランサンは悲しい知らせを受け取る。

届いたのは、かつての恋人アポリネールが
知らない女性と結婚し、
すぐ亡くなってしまったという知らせ。

傷ついたローランサンは、痛みを詩にした。
タイトルは『鎮静剤』
その最後の行はこう終わる。

 死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

自分こそ、その哀れな女だと。

けれど、ローランサンは
決して忘れられたわけではなかった。

なぜなら。
かつての恋人の枕元には
彼女の名作『アポリネールと友人達』が架けられ、
最期を看取ったのだから。




例える女 沢村貞子

私は、おまけ。

そう自分を例えたのは
名女優、沢村貞子。

 私は生まれながらの、
 「おまけ」の人生なのよ。
 歌舞伎者の家に生まれたから、
 女はおまけ。

そう謙遜する沢村だが、
小津安二郎監督や溝口健二監督などで
名脇役として評価され、
生涯100本以上の映画に出演した。

日本アカデミー賞会長特別賞を受賞。

主演女優賞はなかったが、
半世紀を超えて切りひらいた「おまけ」人生は
映画史に残る主役の一人である。



jinterwas
例える女 ジャンヌ・モロー

女優は、映画監督とつきあっていた。

その映画の脚本には
迫力あるベッドシーンがあった。

女優は考えた。
もし、自分がこのシーンを素晴らしく演じたら、
監督の彼は評価してくれるだろう。
けど、恋人の彼は離れていくだろう、と。

1958年のフランス映画『恋人たち』
そのベッドシーンは、
主演女優ジャンヌ・モローの名演技と、
監督ルイ・マルの見事な演出で、
映画ファンを圧倒するシーンになった。

そして、やはり、
二人は破局した。

その後も、彼女は
ヌーヴェルヴァーグの映画作品に次々と起用され、
その退廃的な独特の魅力をスクリーンに放った。

数々の恋愛も重ねた彼女ならではの
クールな比喩はこう。

 恋愛はポタージュのようなもの。
 初めの数口は熱すぎ、
 最後の数口は冷めすぎている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login