佐藤延夫 12年11月03日放送


ムーミン谷の住人たち7

ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンは、
生涯独身だった。
しかし、ひとりぼっちではなく、
親友のグラフィックアーティスト、
トゥーリッキ・ピエティラと一緒に過ごした。
人里離れた、小さな島のアトリエで。

ふたりが暮らした小屋には、
トーベたちがいない間も、鍵がかけられていなかったそうだ。
船乗りが嵐から身を守れるように、
通りすがりの人がコーヒーを飲めるように、
その扉はいつも開けられていた。

まるで、ムーミン谷でいつもたくさんの人を迎え入れる
ムーミン屋敷のように。

  秋になると、旅に出るものと、
  のこるものとにわかれます。
  いつだって、そうでした。
  めいめいの、すきずきでいいんです。


ムーミンのお話の中に、こんなセリフがあった。
この物語は、誰かを静かに、あたたかく見守るトーベの優しさで溢れている。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA