2012 年 11 月 4 日 のアーカイブ

薄 景子 12年11月04日放送

Astronomr
空のはなし ライムライトの空

チャップリンの自伝的映画、「ライムライト」。
本人演ずる老いたコメディアンと
若き美しいバレリーナの愛を描く。

足を麻痺させ、生きる希望を失ったバレリーナに、
彼は力をこめてこう励ます。

 宇宙にある力が、地球を動かし、木を育てる。
 君の中にある力と同じだ。その力を使う勇気と意志を持つんだ。


それは、チャップリンが自身に言い聞かせた言葉。

空を見上げ、広大な宇宙を想像すれば、
どんな困難も、きっと喜劇に変えられる。


topへ

茂木彩海 12年11月04日放送

Wasfi Akab
空のはなし 福島の空

今年の夏に行われた福島ビエンナーレ。
震災復興祈念事業として行われたこの芸術の祭典のテーマは、「SOLA」。

世界から集まった芸術家の中には、
オノ・ヨーコの名前もあった。
彼女は呼びかけた。

 布などに空の絵を描いて
 全部の空をつなげて
 ひとつの大きな空にしましょう。

 それは、育ち続けます。
 それは、広がり続けて
 高みに届くでしょう。

 空は遥か遠くにあるのではありません。
 空は私たちのところに降りてくるのです。


彼女が書いた「福島のための空の曲」。
それは空ほどの大きなものだって
手に届かないものなどないと、教えてくれた。

topへ

石橋涼子 12年11月04日放送

gorgeoux
空のはなし エリノア・ホロウィッツの空

紫やオレンジが混じり合った夕暮れの空を見つけて
怖いけれどワクワクするような
不思議な気分になったことはないだろうか。

アメリカの作家エリノア・ホロウィッツは
そんな空の下に現れる世界を絵本にした。
物語は、こう始まる。

 ビムロスって知ってる?
 きれいなもやみたいな雲のこと
 ビムロスの夜は 空がレースにみえる
 そんな空見たことある?


ビムロスの夜は、
女の子が大好きなナイショの約束ごとで満ちている。

ビムロスの夜は
うさぎとおしゃべりをしちゃいけないし、
かわうそにうたを教えなくちゃいけない。
パイナップルソースをかけてスパゲッティを食べなくちゃいけないし、
オレンジ色のほかは着ちゃいけない。もちろんパンティも。

ビムロスの夜は、
ヘンテコなルールを楽しめる子どもたちのための時間だ。

さて、大人になったあなたは、
レースみたいな空を見つけることができるだろうか。

topへ

石橋涼子 12年11月04日放送


空のはなし ボードレールの空

詩人ボードレールは、「旅への誘い」という詩で
夕焼け空の色をこう表現している。

 D’hyacinthe et d’or
 ヒヤシンス色と金色と。


翻訳によっては赤紫やあかね色と訳されている
ヒヤシンス色の夕焼け空、
あなたはどんな色を思い浮かべますか?

topへ

熊埜御堂由香 12年11月04日放送


空のはなし 横尾忠則 天空からの視線

生まれてすぐに養子になり、
50代の両親にひとり息子として
大切に育てられてきた。
自分がいかなる星のもとに生を受けたのか
少年はよく空想した。

アーティスト、横尾忠則。
イラストレーター、グラフィックデザイナー、小説家など
自分から湧き出る表現の限りをつくしてきた。

70年代のはじめに
横尾は超常現象に深く興味をもつようになる。
UFOが見たい、そう心に決めて以来
何年もただひたすら空を見上げていた。
あるとき、やっとUFOが見えた。
見えだしたら、もうやたらと
見えるようになった。
友人が、僕もUFOを、探しているけど見えないな
とからかうと、横尾は真面目にこう返した。
1年や、2年じゃ話にならないよ、と。
祈りをこめたのか、無心なのか、とにかく横尾は空を見上げた。
この徹底的な繰り返しはのちに横尾の芸術スタイルにもなった。


そして現在76歳。
横尾忠則はこう言う

 ぼくは常に星からの視線を感じながら生きている。
 あの宇宙から出発してあそこへ還るのだなぁという実感である。

topへ

小野麻利江 12年11月04日放送

yoppy
空のはなし メキシコの青い空

10月26日。
サッカーワールドカップメキシコ大会
アジア最終予選 「日本対韓国」の初戦。

このタイトルマッチに日本が勝てば、
長年の悲願、ワールドカップ出場が決まる。
その期待感を、
アナウンサーの山本浩はこう実況した。

東京千駄ヶ谷の国立競技場の曇り空の向こうに、
メキシコの青い空が近づいてきているような気がします。

夢は惜しくも潰えたが、
この一戦が、日本サッカー界の発展に
大きな影響を与えた。

ヒトは空に希望を見る。
その希望が、エネルギーになる。

topへ

茂木彩海 12年11月04日放送


空のはなし オウムの空

空を飛ぶ鳥を見ると、つい思い出す。
ライト兄弟の兄、ウィルバー・ライトの言葉。

 言葉をしゃべる鳥はオウムしか知らない。
 オウムはあまり高く飛べない。



言葉を忘れて、頭をからっぽにして、ただ風に身を任せてみる。
そんな時、わたしたちはいちばん空に近いのかもしれない。

topへ

薄景子 12年11月04日放送

Bill Liao
空のはなし B-Pの空

ボーイスカウト・ガールスカウトの生みの父、
ロバート・ベーデン-ポウエル男爵。

イギリスの英雄として称えられた彼も、
少年少女にとっては野外の英雄。
空の下では、名前の頭文字をとって
B-P(ビーピー)と呼び親しまれた。

彼は子どもたちを夢中にさせる
冒険やひみつを次々と生み出し
楽しみながら生きる力を育てるスカウト活動を広めていく。

世界中が第二次世界大戦にむけてひた走った暗雲の時代も、
B-Pは、他人を幸福にしなければ人は幸福になれないことを
子どもたちに伝えつづけた。

そんなB-Pが残した言葉。

 真っ黒な雲を見ても、
 その後ろに明るい空のあることを
 忘れないようにしよう。

topへ


login