2012 年 11 月 17 日 のアーカイブ

大友美有紀 12年11月17日放送


パウル・クレー「食卓の言葉」
叔父さんのレストラン


ドイツ、表現主義の画家、
パウル・クレー。
美しい色彩とフォルム、
リズムとメロディを感じる絵。
日本でも広く愛されている画家である。

クレーは自分を「奇怪なもの好き」と称する。
その始まりは、叔父フリックのレストランの
大理石のテーブルにあるという。

 その表面には化石の断面が折り重なっていた。
 この線の迷宮からひとの姿のグロテスク模様を
 見つけ出し、鉛筆でなぞっていた。


叔父のレストランはクレーの画家の原点でもあり、
食への興味の原点でもあった。


topへ

大友美有紀 12年11月17日放送

Francesco Gola
パウル・クレー「食卓の言葉」
フルッティ・ディ・マーレ


スイスで育った画家クレーは、海を見たことがなかった。
新鮮でおいしい魚介類を食べたこともなかった。
21才の時、ミュンヘンの画塾の友人と、イタリアへ旅立つ。
ヨーロッパの古典芸術を体感するためだ。
この時、彼は海の幸の数々も体感する。
婚約者のリリーにも、その感動を書き送っている。

 フルッティ・ディ・マーレは、ジェノヴァで食べただけ。
 赤みを帯びたタコのカタチをしたもので、油とお酢で
 味をつけた、とてもデリケートな味のするもの、
 船上でも食べましたが期待は裏切られませんでした。

 
フルッティ・ディ・マーレは、イタリアでは海の幸全般をさす。
クレーは料理名と勘違いしたのだろう。
しかしすっかり魅了された様子は伝わってくる。
この旅のあと、クレーの日記には
食事についての記述がたびたび登場する。

topへ

大友美有紀 12年11月17日放送


パウル・クレー「食卓の言葉」
主夫クレー


26歳の時、画家クレーは、3歳年上のピアニスト、
リリーと結婚する。クレーはまだ無名だ。
リリーのピアノ教師としての収入がすべて。
食事の支度はクレーの役割、
息子が生まれてからは、育児も引き受ける。
創作の時間は、極端に少なくなる。
昼間は台所で家事をし、夜通し絵を描く。
モチーフは、数日前にバルコニーから見た光景。
それでもクレーが料理する姿は、
息子フェリックスにとって、とても楽しみだった。

 父は実に軽快で、まるで絵を描いたり
 音楽を奏でたりしているかのように料理をしていた。
 皿に盛られた5、6品の料理は見事なできばえで、
 いつも素晴らしい味だった。


14年に渡る苦悩の時代、クレーは小さな台所で
独自の世界をつくりあげていった。

topへ

大友美有紀 12年11月17日放送

Kike’s
パウル・クレー「食卓の言葉」
チュニジア


無名時代もクレーは、線画を描き続け出版社に売り込んでいた。
やがて、カンディンスキーと出会い
彼の主催する「青騎士」グループに参加する。
画家としての可能性が見えてきた34歳の時、
2人の友人とチュニジアに旅をする。
それまでモノクロームの絵を描いていたクレーが
色彩を手に入れたとされる旅だ。

 色彩は私を永遠に捉えた。
 私にはそれがわかる。
 この至福のときが意味するのは、
 私と色彩がひとつだということ。
 私が、画家だということ。


クレーはチュニジアで色彩に目覚めた。それはほんとうだろう。
けれど、この有名な言葉は、今では後年、日記に書き加えられたとされている。
クレーには、この旅でもう一つの出会いがあった。
それは、帰りの船のディナーだ。

 この夕食については本が一冊書けそうだ。
 スパゲティがとてもおいしかったので、
 ついしっかりと食べてしまった。
 モミの葉で香りをつけた猪に果物の煮込みが出たあたりから、
 胃が重くなってきた。それでも勝負を続けた。


日記にはまだまだ料理の描写が続いていく。
当時のままの、クレーの感動がそこにある。

topへ

大友美有紀 12年11月17日放送


パウル・クレー「食卓の言葉」
ゾフィー


チュニジア旅行から戻った画家クレーは、
無名ながらも絵を描き続ける。
しかしそれも、第一次世界大戦で中断。
兵士となって家を離れることになる。
クレーは、家族の食事の心配をし、
ゾフィーという女性に家事を頼む。
戦争中の彼の日記には、軍務についての記述や、
芸術への深い思索が綴られている。
もちろん家族への愛情も。

 3月14日。やっと手紙が来た!
 手紙がこんなに嬉しいものだとは!
 ただ、手紙の調子がちょっともの悲しすぎる。
 フェリックスは、ゾフィーは料理が上手だと言う。


嫉妬しているのである。

topへ

大友美有紀 12年11月17日放送


パウル・クレー「食卓の言葉」
アトリエ・レストラン


第一次世界大戦後、クレーはカンディンスキーとともに
総合造形学校バウハウスに招聘され、
画家として安定した暮らしを手に入れる。
数年後、学内の政治問題の負担に疲れ、バウハウスを去る。
家族と離れて暮らす土地でアトリエを構え、
そこにも料理場をこしらえた。
その様子を妻リリーへの手紙で伝えている。

 僕のアトリエ・レストランは、とてもすてき。
 今日は若鶏に野菜炒め、天下一品の味。
 アトリエには、いま水彩画とスケッチが壁いっぱいにかかり、
 生き生きとしています。そこに上等な若鶏の匂いがただよって
 欠かせないものとなっています。

topへ

大友美有紀 12年11月17日放送


パウル・クレー「食卓の言葉」
ゲルストット


1920年から30年にかけて
画家として黄金期をむかえたパウル・クレー。
しかし、近代芸術を退廃的なものと見なしたナチスに
突然、家宅捜索され、迫害される。
クレーは故郷ベルンのあるスイスへの亡命を決意する。

クレーの日記は、バウハウス時代から途絶えていたが、
スイスへ移り住んだ後の、メモ書きのようなものが残っている。
幼い頃からヴァイオリンの名手だったクレーは、
晩年、演奏と食事を楽しみに日々を過ごしていた。
1935年、55歳の時のある1日。

 1月3日木曜日。ロートマールのところで弦楽四重奏、
 シューベルトのト長調。チェロはガンギエ嬢。
 クンスハストでクリスマス市。ゲルストット、カリフラワー、
 ミックスサラダ。調理時間44分。バター、玉ねぎ、ニンニク少々、
 セロリー10分フタをして蒸す。大麦をきつね色に炒め、
 熱湯を注ぎ、最後にチーズ。


ゲルストットとはクレーの造語。「ゲルスト」はドイツ語で大麦。
トットはおそらくイタリア語のトゥット「たくさん」からきているのだろう。
再現してみると、やさしい味わいの大麦スープになる。
スイスに亡命し、妻リリーと質素に暮らす中の、愛情を感じる料理だ。

topへ


login