2012 年 11 月 3 日 のアーカイブ

佐藤延夫 12年11月03日放送


ムーミン谷の住人たち1

ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンは、
フィンランドの首都、ヘルシンキで生まれた。

父親は彫刻家、母親は画家という芸術一家。
小さいころから、ひとりで絵を描いては、
それにお話をつけて遊んでいたという。

ある日、弟とケンカし、トイレの壁紙に落書きをした。
タイトルは、「ものすごくみっともない小さな怒った顔」。

それがムーミントロールのルーツだと言われている。

昔、誰の心の中にも住んでいた小さな妖精の姿を、
彼女は忘れなかった。


topへ

佐藤延夫 12年11月03日放送


ムーミン谷の住人たち2

ムーミンは、世界中で読まれている、子ども向けの作品だ。

ひとりでいることの大切さや、
夜は決して怖くないこと、
世の中は不条理で満ちている、
そんなことを感覚的に教えてくれた。

「ムーミン谷の冬」に登場する、おしゃまさんは語る。

  ものごとってものは、みんなとても曖昧なものよ。
  まさにそのことが私を安心させるんだけれどもね。


その意味がしっかりとわかるころ、
私たちは、一人前の大人になっている。

topへ

佐藤延夫 12年11月03日放送

t d
ムーミン谷の住人たち3

いつもせっせと働いて、人の世話が大好き。

ムーミンのお話に登場するムーミンママのモデルは、
作者トーベ・ヤンソンのお母さんだと言われている。

自慢のシルクハットをかぶり、海と冒険を好む。

ムーミンパパは、トーベのお父さんがモデルだ。

そしてフィンランドの長く冷たい冬が、
ムーミン谷という舞台をつくった。

ムーミンは、不思議な世界に暮らす、森の妖精たちの物語。
でもその中身は、トーベの体験が紡ぎ出したものだった。

topへ

佐藤延夫 12年11月03日放送


ムーミン谷の住人たち4

フィンランド湾には、大小さまざま、
何万もの島が浮かんでいる。
ここがムーミンの作者、トーベ・ヤンソンの遊び場だった。

幼いころは、毎年、家族みんなでやってきて、ひと夏を過ごした。
大人になると、小さな島に自分の小屋を建てた。

彼女の住処は、クルーヴ・ハル島。
水道も電気もガスもない、ただ海だけ広がる場所がアトリエになった。

それにしても、なぜ、島なのか。
理由は、「きっちり限られた場所だから」。
トーベは語る。

  ここは自分の世界であり、
  すべてをひとりで見渡すことができるし、
  細かいことまで知りつくしていられる。
  それに、海に守られて
  望めば、海で全世界へとつながっている。


一周するのに10分もかからない島。
それがムーミンの舞台、ムーミン谷そのものかもしれない。

topへ

佐藤延夫 12年11月03日放送

esaskar
ムーミン谷の住人たち5

トーベ・ヤンソンの童話「ムーミン」に登場する、スナフキン。

自由と孤独をこよなく愛する風来坊で、
ひとり気ままにテント暮らしをしている。

大人にもスナフキンのファンが多いのは、
その風貌と、心に響く言葉を持っているから。

  誰かを崇拝しすぎると、本当の自由は得られないんだよ

スナフキンのように生きてみたいけど、
今さらどうにもならない、とお考えの皆さん。
彼はこうも言っています。

  おだやかな人生なんて、あるわけがないですよ

topへ

佐藤延夫 12年11月03日放送


ムーミン谷の住人たち6

世界中で読まれている童話「ムーミン」。
その正体は、カバではなく、
北欧の民話に登場する森の生き物、トロールだ。

日常生活で、ふっと物がなくなったとき、
今でも北欧の人々は「トロールのいたずらだ」と言う。

作者のトーベ・ヤンソンは、
毛むくじゃらで醜い怪物を、愛くるしいキャラクターに変えてみせた。

topへ

佐藤延夫 12年11月03日放送


ムーミン谷の住人たち7

ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンは、
生涯独身だった。
しかし、ひとりぼっちではなく、
親友のグラフィックアーティスト、
トゥーリッキ・ピエティラと一緒に過ごした。
人里離れた、小さな島のアトリエで。

ふたりが暮らした小屋には、
トーベたちがいない間も、鍵がかけられていなかったそうだ。
船乗りが嵐から身を守れるように、
通りすがりの人がコーヒーを飲めるように、
その扉はいつも開けられていた。

まるで、ムーミン谷でいつもたくさんの人を迎え入れる
ムーミン屋敷のように。

  秋になると、旅に出るものと、
  のこるものとにわかれます。
  いつだって、そうでした。
  めいめいの、すきずきでいいんです。


ムーミンのお話の中に、こんなセリフがあった。
この物語は、誰かを静かに、あたたかく見守るトーベの優しさで溢れている。

topへ


login