2012 年 12 月 15 日 のアーカイブ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山①「相撲引退」

少年は力士になるため、
大陸から単身日本にやってきた。

アゴをめがけた強烈な張り手からの、
怪力を生かした強引な上手投げ。
荒削りながら闘志溢れる取り組みで、
入幕後わずか4年で関脇に昇進。

しかし大関がかかる番付発表日。
突然自ら髷を切り落とし、
25歳の若さで引退を発表する。

部屋の経営について親方と意見が衝突した。
日本人でなければ横綱になれないと言われた。
真相については諸説あるが、
本人は決して語ろうとしなかった。

彼の名は百田光浩。
またの名を、力道山という。


topへ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山②「ハロルド坂田」

ケンカを売った相手が、
もしもプロレスラーだったら。

力士を廃業した力道山は荒れた。
酒に溺れ、毎晩殴り合いのケンカを繰り返した。

ある日力道山は
GHQが招いた日系人プロレスラー、
ハロルド坂田に返り討ちにあう。

しかし力道山の素質を見抜いた坂田は、
彼をプロレスに誘った。

力道山の心の中は負けた屈辱感よりも、
生きる道を見つけた喜びでいっぱいだったと言う。

topへ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山③「空手チョップ」

もっと思い切り叩け

そう言って力道山は子供たちに、
木槌で自分の手を叩かせた。

硬くなった掌と怪力自慢の張り手。
相撲時代の得意技をプロレスに応用したのが、
トレードマークの「空手チョップ」だ。

厳しい修行を終え、
アメリカ巡業に出かけた力道山は、
その必殺技で勝利の山を築く。
260戦中、負けたのはわずか5回。

しかし最大の収穫は、
プロモーターの資格を手に入れたこと。
彼はアメリカのレスラーを
日本に呼べるようになった。

力道山はプロレスラーであると同時に、
有能なビジネスマンでもあった。

topへ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山④「シャープ兄弟」

その夜、新橋駅は異様な空気に満ちていた。

2万もの人々が集まって、
一台の街頭テレビを見つめている。
1954年2月、日本初のプロレス国際試合の生中継。
日本代表は相撲出身の力道山と柔道王木村政彦。
対するアメリカ代表は、
世界タッグチャンピオンのシャープ兄弟。

まず小柄な木村がシャープ弟に痛めつけられると
怒った力道山が空手チョップで反撃。
見かねて助けにきた兄もそのまま返り討ちにする。

2m近いアメリカ人を
日本人がコテンパンにやっつける。
敗戦のコンプレックスを抱えた人々に
その姿は大いにウケた。
肉弾戦なら日本は負けなかった。
そんなことを言う者までいた。

派手な投げ技。場外乱闘。タッグマッチ。
相撲とも柔道とも違う面白さ。
プロレスは一夜にしてブームになり、
テレビの急速な普及に大きく貢献した。

日本戦は視聴率がとれる。
力道山の読みは今も当たり続けている。

topへ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山⑤「昭和の巌流島」

柔道王木村政彦は怒っていた。
全日本柔道選手権13年連続優勝、

 木村の前に木村なく、木村の後に木村なし

と謳われた自分が力道山の引き立て役に甘んじている。
彼は朝日新聞に「真剣勝負なら負けない」と語った。

1954年12月22日、日本プロレス選手権。
通称「昭和の巌流島」と言われた戦いで、
二人は決着をつけることになった。

結果は力道山の完勝。
木村は気絶し、マットは血に染まった。
しかし当時の映像を見ると、
木村はどこか油断しているように見える。

それもそのはず。試合は事前の了解で
引き分けに終わる予定だったのだ。
互いに勝ち負けを繰り返して巡業を盛り上げ、
多額の収益をあげる、はずだった。

力道山はなぜ裏切ったのか。
プロレスは八百長だという噂を払拭し、
名実ともに頂点に立つためか。
それとも真剣勝負では敵わないと思ったのか。

真相は未だプロレス史最大の謎である。

topへ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山⑥「ビジネスマン・リキ」

力道山は有能な実業家だった。

独学で英語をマスターし、
外国人レスラーとの交渉は全て自分で行った。

大相撲における国技館のような場所が欲しいと、
現在の複合施設の先駆けとなる
日本初のプロレスホール、
通称「リキパレス」も建設した。

その後もプロレスで得た資金を元に、
高級マンション、レジャーランド、
ゴルフ場、マリンリゾートなど、
時代を先取りした数々の事業に乗り出した。

そこには、

 国境も過去も関係なく
 どこでもヒーローとしての役割を
果たせるようになりたい
そしていつか
日本と祖国の架け橋になりたい

そんな願いがあった。

topへ

佐藤理人 12年12月15日放送


力道山⑦「最後の酒」

「日本国、力道山様」

そう書くだけで
本人に手紙が届く時代があった。
どこへ行っても常に
国民的英雄でいなければならない。
重圧のあまり力道山は酒に溺れた。

ある日のこと。大相撲協会から
初の海外巡業に参加して欲しいと頼まれた。
かつて自分に冷たくした奴らが頭を下げている。
久々に上機嫌で酒を飲んだその夜、
力道山はナイフで腹を刺された。
きっかけは足を踏んだ踏まないの、
本当につまらないケンカだった。

49年前の今日、「日本プロレス界の父」
力道山は39歳の若さでこの世を去った。
戦後最大のジャパニーズドリームを体現し、

天皇の次に有名な男

と呼ばれた男の悲しすぎる最期だった。

topへ


login