佐藤理人 13年3月9日放送


アーリーロケットメン②「セレービ」

キリストに会いに行って参ります。

男はそう言って空へ飛び立った。

17世紀のオスマン・トルコ。
王の娘の誕生パーティを、
大型花火による人間飛行で盛り上げることになった。

そこに名乗りをあげたのが国一番の技術者、
ラガーリ・ハッサン・セレービだった。

7枚の翼と1.2トンの火薬を乗せたロケットは、
トプカピ宮殿の屋根から
ボスポラス海峡に向かって約300メートル飛んだ。

落下するかに見えた瞬間、セレービは見事な翼さばきで、
無事、王の待つ宮殿の庭に着陸。

群衆の歓声を浴びながら、王に言った。

陛下、キリスト様からよろしくとのことでした。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login