2013 年 3 月 24 日 のアーカイブ

澁江俊一 13年3月24日放送

かずっち
別れと合唱

オリコンの調査によれば
2012年の卒業ソングランキング
第1位に輝いたのは、
いきものがかりでも、コブクロでもなく
埼玉県の影森中学校校長・小嶋登が作詞した
「旅立ちの日に」という曲だった。

「卒業する生徒たちのために、世界にひとつしかない歌を」
そんな願いからこの曲が生まれたのは1991年。
作曲も当時音楽の先生だった高橋浩美だった。

 勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
 この広い大空に 夢を託して


その歌詞は、
彼が心から愛した生徒たちだけでなく
卒業式を迎える日本中の子どもたちの背中を
今年もやさしく押してくれている。


topへ

奥村広乃 13年3月24日放送


別れとピアノ

ショパンの練習曲作品10第3番ホ長調。
またの名を『別れの曲』。

これは、彼が初めての恋に破れ、
悲しみにくれながら作った曲、
ではない。

実はこの曲名、出版から100年以上たって付けられたものだ。

この曲は、1935年に公開された、
フレデリック・ショパンの伝記映画に
メインテーマとして使われた。
その映画の邦題が『別れの曲』。
以来、その名で呼ばれるようになった。

ショパンはこの曲を「別れの曲」とは呼ばなかったが
この曲を作曲した年に
ふるさとポーランドに別れを告げている。


topへ

松岡 康 13年3月24日放送


別れとアパート

東京都渋谷区神宮前4丁目、
ファッションの中心として栄える表参道沿い。
2003年、そこに建っていたある建物が、街に別れを告げた。
同潤会青山アパートメント。

つたに覆われた外観に、
ケヤキ並木の影がおちる。
75年ものあいだ、
街にノスタルジックな表情を与えつづけた。

2006年。その敷地に建築家安藤忠雄による
表参道ヒルズが竣工した。
ケヤキ並木の高さを越えないようにおさえられたボリューム。
ガラスとコンクリートで
シャープに表現された、現代的な建築だ。

その片隅に、
まるで迷子のようにぽつりと建つレトロな建物。

人々の記憶に刻まれた景観を、継承したい。
そんな安藤の思いから、
同潤会アパートメントが部分的に復元されたのだ。

解体から10年。
今日もそのアパートは、かつての記憶を伝え
お客が足をよく運んでくれる一画になっている。


topへ

澁江俊一 13年3月24日放送

Michael Heilemann
別れと戦友

結婚って、なんだ。
離婚って、なんなんだ。
この2人を見てると、不思議に思う。

「ハート・ロッカー」で
女性初のアカデミー監督賞に輝いた
キャスリン・ビグロー。
元夫で「アバター」の監督
ジェームズ・キャメロンとは真逆をゆき
イラク問題など現実社会の最前線で
極限のドラマを描き続ける。

別れても互いをリスペクトしあう2人には、共通点がある。
どちらも映画界のしきたりに目もくれず、
自分のスタイルを切り拓くタフな表現者なのだ。
ハリウッドという魑魅魍魎の世界で戦う戦友。
彼らに夫婦という枠は、少しだけ狭すぎた。


topへ

松岡 康 13年3月24日放送

suttonhoo
別れと家

緑の林の中に天井と床が浮かんでいる。
極限まで要素をそぎ落とした軽さ。
その家の名は、ファンズワース邸。
近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエによって、
1951年に設計された週末別荘だ。

設計を依頼したのは
女性外科医エディス・ファンズワース。
当時ミースとエディスは
施主と設計者との関係を越え、男女の愛を築いていた。

ファンズワース邸の設計が進むにつれて、
ミースは作品としての「家」に執着し、
のめり込んでいく。
そこに住むはずのエディスを、顧みることもなく。

当初の予算を大幅に上回った施工費を巡って、
エディスは訴訟を起こす。

ファンズワース邸の設計が終わると同時に、
二人は別れた。

二人の絆が消えた後に残ったのは、
世界中から愛される、近代建築を代表する作品だった。


topへ

礒部建多 13年3月24日放送


別れと狼

明治38年、奈良県の小さな村で、
ニホンオオカミの最後の一匹が確認された。

アメリカ人青年マルコム・アンダーソンは
最後のニホンオオカミを大英博物館へ運んだ人物である。
彼は東南アジア小型哺乳類収集団の一員として、
その村を訪れていた。

地元の猟師が手にしていたニホンオオカミの死骸を
マルコムは8円50銭で買おうとした。
猟師たちは、交渉の末、死骸を売り渡した。
それが日本での最後の一匹になるとは知らずに。

奈良県の東吉野村には、いま
等身大の日本オオカミのブロンズ像が立っている。


topへ

奥村広乃 13年3月24日放送


別れと時間

1月はいってしまう。
2月は逃げてしまう。
3月はさってしまう。
この3カ月は、1年の中でも時間のたつのが早い。

1日は24時間。1分は60秒。
延びたり縮んだりするわけでもないのに不思議だ。

いっぽうで、とても長く感じる「時間」もある。
六歌仙でしられる僧正遍昭の歌。

今来むと いひて別れし 朝より (いまこむと いいてわかれし あしたより)
思ひくらしの 音をのみぞ泣く (おもいくらしの ねをのみぞなく)

「またすぐに来るよ」と言って去った人を思い
泣き暮らす時間の長さは
1000年後のいまも変わらない。


topへ

澁江俊一 13年3月24日放送


別れと砂漠

アメリカ美術界で
はじめて脚光を浴びた女性
ジョージア・オキーフ。
しかし大恐慌の時代。
ルールに縛られず、自由な絵を描くオキーフに、
世の中は寛容ではなかった。

華やかさと誤解に満ちた
ニューヨークの生活に別れを告げ
彼女が暮らし始めた土地は
ニューメキシコ州サンタフェ。

砂漠と荒地。そして崖。
どこまでも青い空と焼けつく陽射し。
人々にとって何もないその場所には、
彼女にとって、すべてがあった。

美しい花の絵を好んだオキーフは
砂漠に落ちている動物の頭蓋骨も
繰り返しモチーフにした。

花と、骨。
彼女はまるで同じものみたいに
どちらも生き生きと描くのだった。


topへ


login