小山佳奈 13年6月29日放送

むさし野
雨が降る季節には 高野文子

25年前の1968年6月6日木曜日に
奥村さんが茄子を食べたかどうか。

そんな荒唐無稽なやりとりから始まる
漫画「奥村さんのお茄子」。

作者である高野文子はとても寡作な人で
30年以上活動しているのに
出した本はたったの6冊。

時間をかけて磨かれたものにしかない
宝物のようなきらめきがそこにはある。

たまには、ゆっくりいきてみよう。
茄子でも食べながら。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login