大友美有紀 13年9月7日放送


「ふるさとグルメ」埼玉県行田市 フライ

秋、涼しくなると基礎代謝が上がり、お腹がすく。
多少科学的根拠はあるようだ。
そんなとき、妙に食べたくなるのは、
幼い頃から慣れ親しんだふるさとの食べ物。

埼玉県北部には「フライ」というおやつがある。
揚げ物ではない。小麦粉に野菜や肉を混ぜて焼く。
薄いお好み焼きのようなもの。
かつて行田市には足袋工場があり、
その女工たちに人気があった。

 フライパンで焼くから「ふらい」
 布が来るから、「ふらい」
 富よ来いの願いをこめた「ふらい」


名前の由来には、諸説あるが、
その地の歴史があるから生まれたグルメ。
ふるさとの思いも一緒に味わっている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login