2013 年 10 月 5 日 のアーカイブ

佐藤延夫 13年10月5日放送


あの人の息子 菱川師房

父親は、偉大な芸術家。
その背中を見続けていた息子が、
同じ道を目指す。

そんな光景は、江戸時代にも
もちろんあった。

浮世絵の祖、菱川師宣の息子、菱川師房。

小さいころから浮世絵を教わり、
作風は、師宣の技法を忠実に再現した。

しかし、父と同じような作品は残せても、
父を超えることにはならない。
やがて師房は、筆を捨て、染物屋に転職したという。

親の七光りとは言うけれど、その輝きを維持することは難しい。


topへ

佐藤延夫 13年10月5日放送


あの人の娘 近藤たま

新選組局長、近藤勇は、子煩悩な父親だったそうだ。
一人娘の誕生日に、京都西陣織の帯を贈っている。

その娘の名前を近藤たま、という。

戊辰戦争で父親を失ったとき、たまは6歳。
やがて叔父の家に引き取られ、息子の許嫁となる。
そして長男を出産したあと、25歳の若さでこの世を去ってしまう。

このとき生まれた男の子も日露戦争で命を落とし
近藤勇の直系は途絶えることになる。

戦争はいつも、人の運命を残酷にねじ曲げていく。


topへ

佐藤延夫 13年10月5日放送


あの人の息子 夏目純一

夏目漱石の息子、夏目純一は
小説家を目指さず、音楽の世界へ飛び込んだ。

なにしろ、父親の印税は山ほどある。
ヨーロッパでヴァイオリン学びながら、
休日は貴族と豪遊して過ごしたそうだ。

その後、ヴァイオリニストとして東京交響楽団に参加。
ドイツ語やイタリア語にも堪能で、
通訳としても活躍した。

お金持ちの道楽かと思いきや、
しっかりと自分の居場所を見つけている。


topへ

佐藤延夫 13年10月5日放送


あの人の息子 トーマス・エジソン・アルヴァ・ジュニア

目の前に、絶対に越えられない壁があるとして。
その壁が自分の父親ならば、
息子はどう立ち向かえばいいのだろうか。

たとえばトーマス・エジソンの次男、アルヴァ・ジュニアの人生。

発明王の息子として
周りから甘い言葉を囁かれ、
科学会社を設立する。

詐欺まがいの手口で資金を集めていたところ、
エジソンに告発され、会社は倒産。
そのかわりに、週200万円相当の仕送りをもらう契約を結んだそうだ。

親の甘茶が毒となる。
そもそも息子に、壁なんて見えなかったのかもしれない。


topへ