佐藤理人 13年12月21日放送

y.caradec
SLJ②「カンヌ」

俳優サミュエル・L・ジャクソンが
ブレイクしたのは42歳のとき。

きっかけは大学の後輩
スパイク・リーがメガホンをとった

 「ジャングル・フィーバー」

母親の家具を売ってまでドラッグを買う
麻薬中毒者を演じたサミュエルは、
カンヌ映画祭で助演男優賞を受賞した。

実はカンヌに助演男優賞は存在しない。
彼の演技が素晴らしすぎたため、
特別に作られたのだ。

 何故俺が麻薬をやるかって?
 ジャンキーだからさ。


家族に責められても、
平然と言い放つサミュエル。
彼に役作りは必要なかった。
売れなかった80年代、
実際にコカイン中毒だったからだ。

役とは異なり、
麻薬を断ったサミュエルは、
スターへの道を歩き始めた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA