大友美有紀 14年4月6日放送

140406-02
「長新太」安い絵本

絵本作家、長新太。
生涯で手がけた子どもの本は400冊を越える。
信じられないほどの多作。
73年のエッセイで、安い絵本をつくりたいと言っている。

 絵が良くて、高価な絵本もいいと思うけれど、
 わたしは少し印刷が悪くても、
 というより、たくさんのインクを使用しなくて、
 二色ぐらいでも、それから少しぐらい紙がわるくとも、
 安い絵本がもっとつくれないかな、と思っているのです。
 本屋さんの前のクルクル廻るケースに入っている、
 いわゆる「百円絵本」によいものが出てきてほしいのです。
 そうして百円絵本が子どもたちに広く読まれることをねがう。
 絵本は百円ぐらいで買えなくてはいけない、と思うのです。


多作の影には、こんなねがいが隠れていたのかもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login