道山智之 14年10月26日放送

141026-01 ignat.gorazd
濱田廣介 1

童話作家、濱田廣介。
代表作のひとつ、「泣いた赤おに」。

親友の青おには、赤おにのために村を去り、手紙をのこす。

 赤おには、だまって、それを読みました。
 二ども三ども読みました。
 戸に手をかけて顔をおしつけ、しくしくと、
 なみだをながして泣きました。


赤おにが、なぜ泣くのかは語らず、
五七調で、歌のように情景を描く。
そのことでいっそう、赤おにの気持ちが
胸に迫る。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA