2014 年 10 月 18 日 のアーカイブ

小林慎一 14年10月18日放送

141018-01 Uwe Hermann
新しい世界・女性リーダー

レネイ・ジェームス。
世界で10万人の従業員をかかえるハイテク企業インテルの社長。
2児の母でもある彼女は、
世界で最も影響力のある女性の一人に選ばれている。
若い頃なら、
ビジネス界で最も影響力のある一人でいいじゃないか、と怒っただろう。
しかし、今は、女性という枕詞がついてもいいと思っている。
自らがお手本となって、他の女性のためになりたいと考えているからだ。
ハイテク業界の特に、技術畑で働く女性は極端に少ない。
女性が技術者をあきらめる時期が2回ある、とジェームスは言う。
ひとつは、家庭をつくる時。
もうひとつは、中学生の時に訪れる。
女性に対する社会の期待を自覚するころだ。
そんな女性たちに彼女は、こうメッセージを送っている。
「女が頭が良くても大丈夫。それは、とてもステキなことなのよ」


topへ

小林慎一 14年10月18日放送

141018-02 caseorganic
新しい世界・バイオニックアーム

ジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所の
マイケル・クロフリンは言う。
「このバイオニックアーム、我々はモジュール型義手と呼んでいますが、
 本物の手ができることを、ほとんど何でもやれます」
重さは、普通の腕とほぼ同じ約4kg。
26の独立した関節があり、100のセンサーと、17のモーター、
そして、コンピュータを備えている。
例えば、腕を失った人が、このバイオニックアームをつけたとする。
腕の切断面から、神経を伝わる電気信号を読み取り、
できあがった不規則なパターンをコンピューターが認識して
バイオニックアームを動かす。
つまり、普通に腕を動かそうとすれば、その通りに動くのだ。
しかも、流れるように、滑らかに。
「私がつくっているのは、腕や手をなくされた皆さんの可能性です」
マイケルは、さらにこう付け加えた。
「そして、そう遠くない日に、ピアノを弾けるようになるでしょう」


topへ

小林慎一 14年10月18日放送

141018-03
新しい世界・赤ちゃん

箱を開けようとしている人形を助ける、いいウサギ。
それを邪魔する、悪いウサギ。
赤ちゃんの90%が、いいウサギを選んだ。
クラッカー好きのネコと、シリアル好きのネコ。
クラッカー好きの赤ちゃんは、クラッカー好きのネコを選ぶ。
しかも、クラッカー好きのネコが悪さをし、
シリアル好きのネコがいいことをしたとしても、悪さをしたネコを選ぶ。
さらには、シリアル好きのネコに、親切な犬と、意地悪な犬では、
クラッカー好きの赤ちゃんは、意地悪な犬を選ぶ。
イェール大学「赤ちゃんラボ」の研究で
赤ちゃんは、善悪を判断でき、
意見が同じものを好み、違うものを嫌うことが分かって来た。
性善説か、性悪説か。
紀元前3世紀から続くこの論争に、終止符を打とうとしているブルーム教授はこう言う。
「道徳観を植え付けるのではなく、善の心の花を咲かせることが大切です。
 私たち人間は、善と悪の両方の心を、生まれながらに持っているのですから。」


topへ

小林慎一 14年10月18日放送

141018-04 Alessandra Kocman
新しい世界・ソーシャルネットワーク

いまだ接続できない50億人の人々のために
インターネットの通信網をひろげるプロジェクトが始まっている。
人口密度の低い場所には、人工衛星を使い
人口密度の高い場所は、太陽電池で飛ぶ新開発の無人飛行機を使う。
民間航空機の邪魔にならず、天候にも左右されない上空2万メートルを飛ぶ。
旗ふり役は、フェイスブック。
この巨額の費用がかかる壮大なプロジェクトには
フェイスブックが50億人ものあたらしい潜在顧客を獲得できる
という商業的な意味合いはもちろんある。
しかし、目的はそれだけではない。
人々が自由に情報や考え方を共有できる
ソーシャルネットワークを禁止している国は多い。
アラブの春以降、その数は増えている。
中国をはじめ、中東の多くの国ではフェイスブックもツイッターも使えず、
トルコも今年、ツイッターを閉鎖した。
政府が管理することのできない自由なインターネット網をつくる。
真意はそこにある。
どんな場所にも平等に、人々が望めば即座に、
インターネットの中からジャンヌダルクが現れる。
そんな世界をつくろうとしているフェイスブックのCEOザッカーバーグはこう言う。
「このサービスがはじまれば、世界中の人々が、インターネットを通じて、
 自らが望む政府を自由に決定できるようになるでしょう」


topへ


login