2014 年 11 月 15 日 のアーカイブ

佐藤理人 14年11月15日放送

141115-01 Raoul Luoar
007の作り方①「スーツ」

「007」と他のアクション映画の決定的な違い。

それはスーツだ。

英国諜報部員ジェームズ・ボンドの
表の顔はエリート商社マン。
スーツの似合う男でなければならない。

初代ボンドを演じたショーン・コネリーは
スーツを着なれていなかったため、
監督から寝る時もスーツでいるよう命じられた。

セヴィルロウ、ブリオーニ、トム・フォード。
すべてオーダーメイドのクラシック。
ボンド映画は何十年間も観返されるため、
時代を超えて洒落て見えなければならない。

原作者イアン・フレミングは服に興味がなく、
擦り切れた安物のスーツばかり着ていたことは
あまり知られていない。


topへ

佐藤理人 14年11月15日放送

141115-02 Pineapples101
007の作り方②「ガール」

ボンドガールの歴史は、
女性の進化の歴史でもある。

美しくグラマーなだけでなく、
知的でタフな自立した大人の女性。

1962年の初代ボンドガール、
ウルスラ・アンドレスから
彼女たちは時代を先取りしていた。

90年代末より、
ハル・ベリーやソフィー・マルソーなど
有名女優が起用されるようになると、
彼女たちは敵や味方として
さらにボンドを圧倒し始める。

しかし最もボンドを苦しめた女性といえば
この人しかいない。

史上最高齢の72歳で起用された
ジュディ・デンチ。

なんといっても彼女は
ダニエル・クレイグ演じる
6代目ボンドの上司「M」として、
彼を死ぬほどこき使うのだから。


topへ

佐藤理人 14年11月15日放送

141115-03
007の作り方③「ソ連」

冷戦はすぐに終わる

「007」の脚本を書き始めた1959年、
原作者イアン・フレミングは、
諜報員だった自分の経験からそう考えた。

ジェームズ・ボンドの敵役として彼は
いかなる国家にも属さない
架空の秘密組織「スペクター」を作った。

しかし映画が公開された60年代、
冷戦はさらに激化。
ソ連が敵になるのに時間はかからなかった。

その最大の敵の崩壊から約四半世紀。
中東のテロリスト、南米の麻薬王、北朝鮮、
かつての仲間などさまざまな脅威が
ボンドの前に現れた。

冷酷で邪悪な手強い相手は何人もいた。
しかしイデオロギーという鎖に縛られた
悲しい敵はもうどこにもいない。


topへ

佐藤理人 14年11月15日放送

141115-04
007の作り方④「ムーア」

007にならないか

1971年、ロジャー・ムーアの元に
3代目ジェームズ・ボンド役のオファーが来た。

2代目ボンド、ジョージ・レーゼンビーは一作で降板。
ショーン・コネリーの代役は
誰にも務まらないように思われた。

だが彼は受けた。

ローレンス・オリビエの後に
ハムレットを演じた俳優のことを思えば
大したことじゃない

役作りのヒントを彼は原作に求めた。

ボンドは殺しが好きではなかった

これだ。コネリーのボンドは冷酷な殺しのプロ。
なら自分は上品で優しいボンドになろう。

持ち前のルックスとユーモアを生かした
この作戦は大成功。
彼は歴代最多の7作で主演を務めた。

007の武器はたくさんある。
しかし彼を演じる俳優の武器は一つしかない。

ムーア曰く、それは

自分の個性

だそうだ。


topへ